こんにちは、ボイストレーナーの早川です

突然ですが質問です!

あなたは声が衰えていかないために、普段何か気を付けていらっしゃることはありますか?

なかなか、このご質問に「YES」と答えられる方は少ないかと思います。

 

本日は声が衰えていかないための「日常からできるトレーニング方法」をご紹介します。

先にお伝えをしておくと、本日の方法はトレーニングっぽくはないです!

しかし、気を付けていただけると効果絶大!そんな方法をご紹介します

ぜひ、参考にしてみてくださいね!

 

声が衰えるとは?

まず、最初に声は衰えるの?という前提の部分をご紹介します。

これは、簡単に言ってしまえば衰えます

 

声を出す元となっている「声帯」があります

この声帯はどうしても年齢を重ねるごとに衰えていってしまいます

また、声を出すための筋肉も年齢を重ねれば衰えていってしまいます

これは、ほかの筋肉と同じですね

 

また、声帯や発声するための筋肉は年齢を重ねるということだけで衰えるわけではありません

ではどういったときに衰えるのかというと「使わない時」です

 

これも他の筋肉と同じ感覚で考えていただければよいのですが、使う筋肉は鍛えられ維持されますが、使わない筋肉はどんどん衰えていってしまいます

これは発声のための筋肉も同じことが言えるのです。

そのため、大人になったり、環境の変化などで声をあまり出さなくなったという方は、注意が必要です!

 

実際のお悩みでも

「昔はガンガン声が響いていたし滑舌も良かったのに、大人になって話さなくなったら大きい声が出なくなったし、滑舌も悪くなった」という方は多くいらっしゃるのです

 

声が衰えないためのトレーニング方法

では、実際声が衰えないようにするためのトレーニング方法をご紹介します

それは何かというと「意識的に声を使う、会話をする」です

・・・

・・

それがトレーニング?と思われたかもしれません

実際、朗読をしたり発声練習をしたりなど様々なトレーニング方法はあります。

そういったトレーニングができる場合、ぜひ追加でやっていただきたいのですが、まずは会話をどんどんやっていただきたいです!

先ほどご紹介させていただいた通り「声は使わなければどんどん衰えて」いってしまいます

具体的な方法としては、

①LINEやメールで済ませていることを電話してみる

②意識的に身近な家族や友人に話しかける

③職場でも周りに話しかけてみる

このように、意識的に会話の機会を増やしてみてください!

どんどん会話をするという事は、声を出すための筋肉を鍛える行動になります

プラス、コミュニケーションも周りと取れるので一石二鳥ですね!

 

本日は声を衰えさせないトレーニングとして、「意識的に会話」をするという内容をご紹介しました

ぜひ、試してみてくださいね!

 

 

滑舌・声について何でもご相談ください

滑舌特化型ボイトレ無料体験!

オンラインレッスン実施中!

全国どこからでもお受けいただけます!

>>>詳しくはこちら<<<

 

The following two tabs change content below.
早川 直記
滑舌を改善することに特化した『滑舌特化型ボイストレーニング』を行う 緊張・あがり症などによる声や滑舌のお悩みにも精通、ボイトレにメンタルトレーニングを組み込む新しいメニューを提案 声優など声のプロを目指す方・一般の方問わず、個人の目標に合ったレッスンを行っている