話し声のボイストレーニングを始めたいと考える方のお悩みの多くは、「滑舌を良くしたい」「大きな声、響く声が出したい」というものです。

当然他にも多くのお悩みがありますが、必ずお悩みランキング上位には、この2つが入ってきます!

では、この2つですが、トレーニングをする際、1つ1つしっかりやらないといけないのでしょうか?

いえいえ、細かく分ければ1つ1つ違うトレーニングはあるのですが、実は根っこのところで深くつながっているんです!

本日は、そんな1粒で2度おいしい、滑舌も良くなって声の響きも上がるトレーニング方法をご紹介します!

 

良い滑舌と強い声の響きの共通点

1粒で2度おいしい、Wの効果が実感できるトレーニングを行うためには、共通点を知る必要があります!

その共通点さえわかってしまえば、Wの効果が期待できるやり方をしてしまえばいいだけですからね^^

では、良い滑舌と強い響きの声にはどういった共通点があるでしょうか?

せっかくなので少し考えてみてください!

・・・

・・

どうでしょう?考えていただけましたか?

色んな共通点があるかと思いますが、本日ご紹介する共通点はコレです!

 

息の圧力

声を出す際に必ず必要なものがあります。

それは、息です!

息が声帯を通る際に声の元となる音ができます。

そしてその後声の響きを増すためには、喉の奥や鼻や口、頭などが響いて声が大きくなっていきます

こういった響きを強くする際に息の圧力は必須です。

 

滑舌は言葉を作る作業ですが、この言葉を作る作業も、必ず息の圧力を使います。

息をしっかり使えないことによって、滑舌が悪くなってしまっている方も多くいらっしゃるのです。

 

つまり、この共通点である息の圧力を鍛えることができれば、声の響きも滑舌も良くすることができるということです!

 

補足

息の圧力を上げることで滑舌が良くなる方は、息の圧力が不足していることで滑舌が悪くなっている原因をお持ちの方になります。

滑舌が悪くなる原因は様々ありますので、お気を付けください

 

息の圧力を上げるトレーニング方法

では、息の圧力を上げるトレーニング方法をご紹介します!

たくさんトレーニング方法はあるのですが、実際のボイトレでも良く使う効果抜群のトレーニング方法をご紹介します。

 

風船トレーニング

このトレーニングを行うためには、まだ膨らませていない風船をご用意ください。

そしてその風船を使ってトレーニングします!

風船で息の圧力UPトレーニング!

①しっかり背筋を伸ばして適度にリラックスしたまま座ります

②息をしっかり吸って、風船を一息で膨らませます

やる内容自体はこれだけです。

注意点としては、

・風船を膨らませる時、頬が膨れないこと!(頬が膨らむのは頬の力で膨らませようとしています。)

・お腹の深いところから息をしっかりはくように意識すること

・風船を膨らませるときの息は一息で息を最後まではききること!深い呼吸で一息!これが大事です!

これを1日10息くらいやってみましょう!

これだけであなたの声の圧力はガンガン上がります!

そしてこの圧力を持ったまま、息を声に変えてみると…

おそらく今まで声が小さくて悩まれていた方は、出したことがないようなすごい響きの声が出てくることでしょう!

 

このトレーニングは、実際のボイトレでも良く使うトレーニングです。

圧力不足の方は1日10息程やるだけで、2~3週間後くらいには効果を実感できるほど変化が生まれている方が多くいらっしゃいます。

もし今あなたが声の響きも欲しいし、滑舌もあまり良くなくて悩んでいる……という方であれば効果を発揮してくれるトレーニングになるかもしれません!

風船を買ってこなければいけないというひと手間はありますが、百均で安く購入できます。

ぜひチャレンジしてみてくださいね!

 

 

滑舌について何でもご相談ください

完全滑舌特化型ボイトレ無料体験!

全国どこからでもお受けいただけます!

>>>詳しくはこちら<<<

 

 

 

The following two tabs change content below.
早川 直記
滑舌を改善することに特化した『滑舌特化型ボイストレーニング』を行う 緊張・あがり症などによる声や滑舌のお悩みにも精通、ボイトレにメンタルトレーニングを組み込む新しいメニューを提案 声優など声のプロを目指す方・一般の方問わず、個人の目標に合ったレッスンを行っている