「喉を開く」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

発声や滑舌など、声の事を勉強する際に必ずと言っていいほど出てくる単語です。

この喉がしっかり開けるようになると、声の響きも上がりますし、滑舌も良くなる可能性があります。

良いこと尽くしの内容なので、できるようになってほしい技です!

 

本日は、そんな喉を開くやり方、注意点などをご紹介します!

ぜひ、最後までお付き合いください^^

 

喉を開くってなに?

喉の奥、風邪をひいたとき痛くなる場所がありますよね?

この部分を咽頭と呼ぶのですが、この部分を広げることを「喉を開く」と言います。

この部分は広がったり狭くなったりすることができる、空洞になっており、音が響く「共鳴腔」と呼ばれる部分でもあります。

肺から上がってきた息が声帯を通り、声の原音になるのですが、その後この咽頭の部分を通って口から声が出てきます。

そのため、この咽頭の部分が狭いと、当然声の通り道が狭くなってしまいますから、声の響きも悪くなってしまうのです。

しっかりした良い声を出すためには、この「喉を開く」ことはとっても重要なんです!

 

滑舌にも関係あり!

「この喉を開くことがなんで滑舌に関係あるの?」

それは、滑舌が悪くなってしまう原因の中に、息の圧力、声の圧力が足りないというものがあるからです。

喉の奥が開いておらず「閉まっている」と当然下から上がってきた声や息の通り道が狭くなります。

そうすると、息や声の圧力もその閉まっている部分に阻まれて、口な中まできにくくなってしまうのです。

特に一番息の力を使う「サ行」は、圧力が不足すると上手く子音である「S」が作れなくなってしまうので、発音が難しくなってしまいます。

 

喉の開け方

では、そんな喉を開ける方法をご紹介します!

 

 

喉の開け方

①静かに!「シ~~」というイメージでと指を口の前に持ってきます

こんなイメージですね

②そのまま、指を沿って口が上に向かって開くように開けていきます

③そのまま「は~~」と息をはいてみましょう

④息がはけたら、そのまま「は~~」と声を出してみます

 

いかがでしょうか?

この指を沿って縦に上に開くようにイメージすることが大切です。

喉の奥がググっと上に持ち上がるイメージで口を開けてみましょうね!

 

歌とは違う喉の開け方

一つ喉を開ける際に注意点があります。

「喉を開ける」と、検索するとその多くは「歌声」の喉の開け方がヒットするかと思います。

例えば代表的なものですと、「あくびをした時の喉」「あくびをする瞬間の喉」などです。

こういったものは、あくまでも歌声用です。

話し声と歌声は別物ですので、トレーニングの方法も異なります⇒歌と話し声のボイトレの違い!歌声と会話の声のトレーニングは別物!

話し声を鍛えたい場合は話し声用のトレーニングを行うようにしてください!

 

歌声の場合、喉はかなり広めに開けます。

しかし、話し声でそこまで開けてしまうと、歌声のような声になってしまいます(ミュージカルのような声ですね)

結構この部分が混ざってしまい、「頑張っているのに成果が出ない」という悩みを持たれてしまう方が多くいらっしゃいます。

そんなことが起こらないよう、注意してトレーニングをしてみてくださいね!

 

 

滑舌・声について何でもご相談ください

滑舌特化型ボイトレ無料体験!

オンラインレッスン実施中!

全国どこからでもお受けいただけます!

>>>詳しくはこちら<<<

The following two tabs change content below.
早川 直記
滑舌を改善することに特化した『滑舌特化型ボイストレーニング』を行う 緊張・あがり症などによる声や滑舌のお悩みにも精通、ボイトレにメンタルトレーニングを組み込む新しいメニューを提案 声優など声のプロを目指す方・一般の方問わず、個人の目標に合ったレッスンを行っている