五十音の中でもカ行は比較的苦手な方が多い音です。

先日カ行の中でも「キ」の音が苦手な方向けの記事を作成したところ、他のカ行も詳しく知りたいとのリクエストを頂きました。ありがとうございます!

「キ」が苦手な方向けの記事はこちら⇒「き」の滑舌が悪い、うまく言えない…その原因と改善方法

 

と、いうことで本日はカ行全てにスポットをあてて、カ行の滑舌が苦手な方の特徴と、その改善方法をご紹介します!

カ行が苦手な方がすぐに使える改善のコツをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください!

 

カ行が苦手な方の特徴

カ行が苦手な方は以下のような特徴があることが多いです

・音が喉の奥で響く

・無声音ができていない

 

音が喉の奥で響く

「カ行が苦手!」と感じる方で一番多いのが、声がこもる感じがして言葉にキレがないという事です。

その結果、ほかの言葉とつながるようになってしまって、滑舌が悪くなってしまいます。

「カ行」の子音である「K」は舌の奥側が上あごの奥(軟口蓋)に付き、その舌と上あごの間を息が通る際破裂するようにして作る音です。

少しわかりにくいかもしれませんが、何が問題になるかというと、舌と上あごの奥の方を使う関係で、音が奥にこもりやすくなってしまうのです。

この音の響きを奥ではなく、前に持ってくる事で改善することができます。

 

無声音ができていない

カ行は無声化をしないといけない音が存在します。

無声音についてはこちら⇒無声音のルールとやり方

無声音の詳細については上記の記事でご紹介しておりますので、こちらでは省略させていただきますが、滑舌が悪くなる原因として、この無声音ができていないという事があげられます。

無声音ができないと、滑らかに言葉が流れないため、カクカクしたような言葉になってしまい、滑舌が悪くなってしまいます。

 

改善方法

では、そんなカ行の改善方法についてご紹介します。

カ行の改善方法は、上記の悪くなってしまう原因を踏まえると、

・音を奥ではなく前に響かせること

・無声化ができるようにすること

です。

 

ただ、ご紹介をしていてなんなのですが、無声化に関しては少し難しいので省いても良いかと思います。

ただ、声優やナレーターなど声のプロを目指すような方であれば必須項目です。あなたがプロを目指される方であれば、省かずにしっかりトレーニングをしてくださいね!

無声音を習得して滑舌UP!声優志望必見のトレーニング方法

 

カ行の滑舌を良くしたいけれど、プロの方程の滑舌は求めていないという方は、「前に響かせる」というものを習得するだけでかなり変わると思います!

では、どうやって前に響かせるようにするのか、それは……

上の前歯の裏あたりに声をぶつけるようなイメージで声を出す!

という事です。

このあたりをめがけて声を出します!

カ行はどうしても、奥の方を使うため、奥でこもってしまいがちです。

そのため、前を意識して、前にぶつけるように声を出すことで、響きを前に飛ばします。

これだけで、カ行の滑舌が改善する方もいらっしゃいます。

ぜひ、試してみてください!

 

本日はカ行の滑舌についてご紹介しました!

もし今カ行が苦手という事でしたら、ぜひ試してみて下さい!

上手くいけばすぐに変化が実感できますよ^^

 

 

滑舌・声について何でもご相談ください

滑舌特化型ボイトレ無料体験!

オンラインレッスン実施中!

全国どこからでもお受けいただけます!

>>>詳しくはこちら<<<

 

The following two tabs change content below.
早川 直記
滑舌を改善することに特化した『滑舌特化型ボイストレーニング』を行う 緊張・あがり症などによる声や滑舌のお悩みにも精通、ボイトレにメンタルトレーニングを組み込む新しいメニューを提案 声優など声のプロを目指す方・一般の方問わず、個人の目標に合ったレッスンを行っている