声のトレーニングをする上で必ず出てくる「腹式呼吸」

大体どのボイトレ本、ボイトレスクールでも最初にこの腹式呼吸が出てきます。

声優養成所や声優専門学校でも必ず腹式呼吸をやりますね!

 

ただ、この腹式呼吸ってトレーニングはいろいろあるのですが、肝心の使い方については案外知られていなかったりするんです。

本日は、そんな腹式呼吸のスキルを一つご紹介します!

ご紹介するスキルは……「息を長く続かせる方法」です。

腹式呼吸が使いこなせると、声の響きも良くなりますし、滑舌も良くなりますよ!

 

腹式呼吸って?

最初に腹式呼吸ってどんなの?という部分を簡単にご紹介します!

呼吸には大きく分けて二つあります。

・胸式呼吸

・腹式呼吸

肩式呼吸と呼ばれるものもありますが、この呼吸法は通常時なかなか使わないので、今回は省いてご説明します。

 

呼吸は肺に空気を取り込んで、肺から取り込んだ空気をはきます。

この時、どうやって空気を取り込むかの差がこの2つの差です。

 

『胸式呼吸』 外助間筋という筋肉が動き肋骨を引き上げます。そうして胸郭を広げて空気を取り込みます。

『腹式呼吸』 胸とお腹の間におわん型の横隔膜というものがあるのですが、これが腹筋を使って上下することによって肺に空気を取り込みます。

 

重要と言われているのは、この横隔膜を使った腹式呼吸の方ですね!

 

腹式呼吸のメリット

では、腹式呼吸にはどんなメリットがあるのでしょうか?

腹式呼吸には以下のメリットがあります

 

腹式呼吸のメリット

・息を多く取り込める

・息を多くはける

・強く息をはける

・素早く多くの息を取り込める

・圧力の調節ができる

 

こういったメリットがあります。

腹式呼吸であれば、深く、早く、強く息を使えるというわけですね!

腹式呼吸の詳しいやり方については⇒

 

息が長く続く腹式呼吸の応用スキル

上記で腹式呼吸のメリットをご紹介しましたが、胸式呼吸ではできず、腹式呼吸ではなければできない技があります。

それが、息の圧力の調整です!

腹式呼吸は主に腹筋を使います。

そのため腹筋をしっかり使えば、横隔膜の動きをしっかり調整できるんです。

お腹でしっかり支えて!

こんな風に言われることがありますが、これは腹筋で横隔膜を支えるということです。

 

これを踏まえた上で本日の本題、腹式呼吸で息が長く続く方法です。

実は腹式呼吸には受け取り方を誤ってしまうことがあるんです。

それは、

「息を吸ったときにお腹が膨らんで、息をはくときにお腹が引っ込む」

 

これ自体、基本形としては間違いはないのですが、これをそのまま声にすると、とてもじゃないですが支えられません。

例えば響く声を出したい、息を長く続かせたい、こういった声を出すときに必要になるのは、お腹の支えです。

その時の発声で支えるための腹式呼吸の使い方は、

「声を出しているときは原則お腹を引っ込ませない」です。

 

そう、声を出すときお腹を引っ込ませちゃだめなんです

それはなぜか……理由は簡単です。

引っ込ませてしまうと、横隔膜が上がるので、息がすぐに抜けちゃんです。

お腹を引っ込ませるのは、ポンプを押し込んでいるのと同じことです!

 

では、こんなことをやってみてください。

息をしっかり腹式呼吸で吸って~、お腹がちゃんと膨らんでいるのを確認したら、そのまま「あ~」と息が持つ限り声を出し続けます!

そして、その時お腹は最後の最後までへっこませないでください!

逆にお腹を前に張り出すイメージです!

・・・

・・

どうでしょうか?

上手くいけばこれだけで息はなが~く続くようになります。

「声を出しているときにお腹はひっこませない!」

これは腹式呼吸でできる息の調整です。

胸式呼吸ではなかなか難しいスキルなので腹式ならではですね!

 

さらに圧力も調整すれば…

さらに使い方が上手になれば、息をはく圧力を調節できるようになります。

圧力の強い息を声に変えれば、それだけ響く強い声になります。

さらに息に圧力をかけられるようになると、圧力不足で滑舌が悪かった方の滑舌も改善します!

滑舌と腹式呼吸も実はつながっているんですね^^

 

 

いかがだったでしょうか?

腹式呼吸ちゃんと使えるようになると、息はちゃんと長く続くようになります。

また、声もしっかり出ますしなんと滑舌までよくなる可能性があるんです!

ぜひ、試してみてくださいね!

 

 

滑舌・声について何でもご相談ください

滑舌特化型ボイトレ無料体験!

オンラインレッスン実施中!

全国どこからでもお受けいただけます!

>>>詳しくはこちら<<<

 

The following two tabs change content below.
早川 直記
滑舌を改善することに特化した『滑舌特化型ボイストレーニング』を行う 緊張・あがり症などによる声や滑舌のお悩みにも精通、ボイトレにメンタルトレーニングを組み込む新しいメニューを提案 声優など声のプロを目指す方・一般の方問わず、個人の目標に合ったレッスンを行っている