腹式呼吸ってご存知でしょうか?

声に関するトレーニングをする際、必ずと言っていいほど出てくる単語です

実際のボイストレーニングをやろうと思った方、声について何かトレーニングをやろうと思われた方はこの腹式呼吸の練習をされたことがあるかもしれませんね。

 

ただ、この腹式呼吸、結構勘違いされている部分もあるんです。

そのため、本日は腹式呼吸の正しいやり方と、腹式呼吸の正しいトレーニング方法をご紹介します。

腹式呼吸は声の響きにも滑舌にも影響を与えます!

ぜひ、トレーニングをしてみてください!

 

腹式呼吸は横隔膜の上下運動

さっそくやり方……の前に、腹式呼吸はどういうものなのか簡単にご説明します。

腹式呼吸は息を吸ったときにお腹が膨らんで、はいたときにお腹がへこむ、すごく簡単に言うとこういったものです。

 

では、なんでお腹がふくらんだりへこんだりするのか……

それは、横隔膜が動くことによって内臓が押されるからです。

 

横隔膜は肺と胃や腸を隔てるようにある膜(筋肉)です。

そして、この横隔膜を息を吸ったときに下に下がり、息をはくときに上に上がります。

横隔膜が下に下がれば、当然内臓も下に押されますよね?

そのため、お腹が膨らんだり、へこんだりするのです。

で、横隔膜の上には肺がありますので、横隔膜が下がれば肺も大きくなります。その時に空気が入るわけですね。

そして横隔膜が上に上がれば肺が押されますので押された肺の中から空気がでてくるわけですね

 

まとめると、腹式呼吸とは胸とお腹の間くらいにある、横隔膜を上下させて肺に空気を入れたり出したりする呼吸法です。

時々、お腹を膨らませるため、お腹に空気が入るとお考えの方がいらっしゃいますが、あくまで空気が入るのは肺ですので、お腹に入ってくるわけではないのです^^

 

腹式呼吸のやり方

では、腹式呼吸のやり方をご紹介します

①息をはききる

②鼻から息をゆっくり吸う(この時、肩や胸は動かない!お腹だけ膨らんでいく!)

③ある程度吸えたらゆっくり口からはきだしてみる。お腹がゆっくりしぼんでいきます。

簡単に説明するとこれだけなのですが、詳しくやり方を説明していきます。

①息をはききる

腹式呼吸を練習するときは、最初にしっかり息をはいてから吸う流れでやった方がわかりやすいです。

なぜなら、息をはくことで力みが取れるということと、息をはきだすと、そのあとの息を吸うという行動が簡単になるんです。

息をはくときは、全身の力を抜ききるようなイメージで、「は~~~~~~~」とはききりましょう。

ただ、一か所だけ力を入れていただきたい場所があります。

それは、みぞおちの少し下のポイントです。くしゃみをしたときとか、笑ったときに固くなる場所ですね!

この場所だけ力を入れて、他はリラックス!しっかりはききってみてください

 

②息を鼻から吸う

息をはききったら、鼻から息を吸います。

この時、イメージとして、鼻から吸った息が、おへその下の方まで流れてたまるイメージで吸いましょう!

下っ腹がどんどん膨らんでいくイメージです。

この下っ腹が膨らむイメージで吸うことがコツです!へその下、丹田と呼ばれる場所に空気を入れるイメージですね!

可能であれば、鏡のまえでやってみてください!

もし、この時お腹以外、肩や胸が動いていたらそれは胸式呼吸になっているかもしれません。

動くのはおなかだけです!

 

③口から息をはく

では、最後に息を口からはいていきます。

このはくときは①と同じように、みぞおち少し下のポイントに力が入るイメージではいてみましょう!

 

腹式呼吸の使い方とトレーニング方法

腹式呼吸についてのご紹介の多くはここで終わってしまいます。

しかし、今お伝えした腹式呼吸のやり方はあくまでも基本形にすぎません。

むしろ腹式呼吸を『使う』ためには、この後が重要です!

 

腹式呼吸の息を声に変える

腹式呼吸ができたとしても、その腹式呼吸の息を声に変えることができなければ意味がありません。

そのためには以下のようなトレーニングをやってみてください。

 

①上記の腹式呼吸のやり方で息を吸う

②みぞおち少し下のポイント意識しながら息をはく。

③息をはきながら少しずつ声にしていく

④はききったら①に戻る

 

このように、吸った息をはく時に、声に変えていきます。

大切なポイントとしては、はく息に声を乗せるイメージを持つことです。そしてみぞおち下のポイントだけはしっかり力を入れます。

最初は、ため息をつくようなイメージで、息をはくときに声も出ちゃったくらいの感じでOKです。

そして、その息からどんどん声を大きくしていきましょう!

そこまで出れば、しっかりと腹式呼吸と声がつながった、いわゆるお腹から出ている声になってきます。

 

息の圧力を調節する

これは腹式呼吸の応用編です。

しかし、応用編と言っても、腹式呼吸の最も大事なポイントと言っても良いでしょう!

腹式呼吸が胸式呼吸よりも優れているポイントの一つに、呼吸をコントロールできる事があります。

このコントロールが強く、そして長く息を出せるようになるポイントです。

このやり方に関しては⇒ で詳しくご説寧していますので、参考にしていただければと思います

 

本日は腹式呼吸についてしっかりめにご説明しました。

呼吸は声の響きと、滑舌にも大いに関係します。

ぜひ、腹式呼吸を正しくマスターしてくださいね^^

 

The following two tabs change content below.
早川 直記
滑舌を改善することに特化した『滑舌特化型ボイストレーニング』を行う 緊張・あがり症などによる声や滑舌のお悩みにも精通、ボイトレにメンタルトレーニングを組み込む新しいメニューを提案 声優など声のプロを目指す方・一般の方問わず、個人の目標に合ったレッスンを行っている