日常会話をするときに声がかれる……

風邪をひいているわけではないのに声がかれる……

こういった声がれに悩まされている場合、発声の方法に原因がある可能性があります。

声がガラガラしてしまう状態、いわゆる声がれの事を嗄声(させい)と言いますが、この嗄声は様々な原因があります。

本日ご紹介する声がれの原因と直し方のご紹介は、発声方法によって声がれが起こってしまっている場合、とっても有効な方法になります。

ぜひ試してみてください!

 

 

※声がれは様々なことが原因になって起こります。声がれが起こっているという事は何かしらのSOSが出ているという事です。

本日ご紹介する方法と原因はあくまでも声帯に異常がなく、発声方法が原因で声がれを起こしているものについてになります。

長く声がれを起こしていて、病院に行かれていない場合は、一度耳鼻科での診療をされることをおすすめします。

声がれの原因

声がれを起こしてしまう原因は様々ありますが、本日は発声方法が原因で声がれを起こしている前提でその原因をご紹介します。

大前提として、発声方法が原因で声がれを起こしてしまっている方の多くは喉の奥(咽頭共鳴腔)が狭く、声の通り道が確保されていないことが多いです

この部分が咽頭共鳴腔です

咽頭共鳴腔をある程度の広さでキープすることが、良い話し声、枯れない声を作る際に必要になってくることを前提としてご理解ください

 

力みすぎによるノド声

肩周りや首まわりに力が入ってしまうことによって、いわゆるノド声になってしまっている状態です。

この肩回りや首回りに余計な力が入ることで、上記の咽頭共鳴腔が狭くなります。

そうすることによって、声が枯れてしまうような状態になることがあります

 

舌の筋肉不足によりノド声になる

舌は滑舌だけでなく発声にも影響があります。

舌の筋力不足によって、声を出すときにm、舌が喉の奥の方に流れてしまうことがあります。

この舌が奥の方に流れると、当然声の通り道が狭くなります。

そうなることによって枯れている声が出てしまう可能性があります。

 

呼気の圧力不足による声がれ

声が小さく、声が枯れている方はこのはく息が弱いことによって声が枯れてしまうパターンに当てはまることがあります

すごく小声で話そうとすると、声は枯れてきませんでしょうか?

これと同じように、呼気(はく息)がしっかり圧力をかけて出せないという方は、声が小さく声が枯れてしまう可能性があります。

 

低い声を出し過ぎて声がかれる

このパターンは声に力を入れず、力を抜ききって発声をしているパターンです。

そのため、圧力不足のパターンと複合することが多くあります

力を抜ききって小さい声で声を出してみてください。

きっとガラガラと声がれのような音が出るとおもいます。

この部分の音を使って会話をしていると、声がれを起こした声になってしまいます

 

直し方はノド声をやめること

発声方法が原因での声がれを直すためには、ノド声をやめることが一番の方法です

コツとしては…

・適度なリラックス

・腹式呼吸からの声を出すこと

・呼気をしっかり使う事

です。

この3つを意識して、声を出してみると、声が枯れずに出せるかと思います。

ただ、この3つは個人差がありますがトレーニングが必要になります。

ぜひ、根気強くやってみてください!

 

また、直し方が良くわからない、原因が良くわからないという方は、お声を聴かせていただければ原因の特定と最適なトレーニングをご提案できます。

お気軽にお声がけください⇒無料体験レッスン受付中!

 

本日は発声方法が原因の声がれについてご紹介しました!

声がれはなかなかストレスになりますし、嫌なものですよね…

ぜひ、正しい方法で声がれを直してくださいね!

 

 

滑舌について何でもご相談ください

完全滑舌特化型ボイトレ無料体験!

全国どこからでもお受けいただけます!

>>>詳しくはこちら<<<

 

The following two tabs change content below.
早川 直記
滑舌を改善することに特化した『滑舌特化型ボイストレーニング』を行う 緊張・あがり症などによる声や滑舌のお悩みにも精通、ボイトレにメンタルトレーニングを組み込む新しいメニューを提案 声優など声のプロを目指す方・一般の方問わず、個人の目標に合ったレッスンを行っている