歌を歌っている時の滑舌を良くしたいけど、普段の話し声の滑舌と作り方って一緒なの?

 

歌声の滑舌と話し声の滑舌、この2つは同じトレーニングで大丈夫なのでしょうか?

先日こんな疑問を頂きました。

言葉を作るという意味では同じ気もしますが、なんだか違う気もする…

そういった風にお考えになる方が多いのではないかと思います。

 

本日は、そんな歌声と話し声の滑舌のお話です。

 

歌声と話し声の違い

以前歌声と話し声は別物ということをご紹介したことがありました

歌と話し声のボイトレの違い!歌声と会話の声のトレーニングは別物!

歌声と話し声では、響かせる場所が違ったり、発声方法が違ったりと色々な違いがあります。

そのため、トレーニング方法も異なりますよ!というのが、簡単に言うと上記の記事の内容で(詳細はぜひ読んでみてください!)

 

では、そうなると、本日の本題である滑舌も結構変わってくるの?という疑問ですが、

滑舌は……

 

基本は同じ。でも…

滑舌に関しては、基本は同じです!

子音を作るときの舌の動かし方などはかなり近いです。

しかし、やはり「基本は」という言葉がついてしまいます。

話しの滑舌は、言葉が明瞭に作れるようにトレーニングします。

しかし、歌にはジャンルがあります

・ロック

・バラード

・R&B

・ジャズ

などなど、様々なジャンルがあります

そして発声方法もこのジャンルによって異なってきます。

そのため、そのジャンルに合った滑舌の発声ができないといけなくなります。

英語に近い言葉の作り方で歌うものが良いジャンルもあれば、ストレートに聞こえる滑舌が求められるものもあります。

そのため、歌声の滑舌は、話の滑舌よりも作り方が幅広くなってしまいます。

 

そうなると、やはり基本は一緒だったとしても、トレーニングの方法は少し異なってきます。

日本語の基本的な作り方は覚えたほうが良いかと思いますが、ジャンルによってはそれを崩していくようなものもあるかと思います。

「歌声を勉強したから日常の滑舌もバッチリ!」

「日常使える滑舌を勉強したから歌声の滑舌もバッチリ!」

とはなかなかならないかもしれません。

しかし、日本語を作る基本は一緒です。

そのため、まったく効果がないという事のはならないと思いますので、しっかり滑舌の基礎を学ぶことは素晴らしいことだと思います!

 

まとめ

本日は、歌声と話し声の滑舌についてご紹介しました!

基本は同じだったとしても、やはり話し声と歌声は別物!

ご自身の目標に合ったトレーニングをされるのが一番かと思います^^

ぜひ、参考にしてみてくださいね!

 

 

滑舌・声について何でもご相談ください

滑舌特化型ボイトレ無料体験!

オンラインレッスン実施中!

全国どこからでもお受けいただけます!

>>>詳しくはこちら<<<

 

The following two tabs change content below.
早川 直記
滑舌を改善することに特化した『滑舌特化型ボイストレーニング』を行う 緊張・あがり症などによる声や滑舌のお悩みにも精通、ボイトレにメンタルトレーニングを組み込む新しいメニューを提案 声優など声のプロを目指す方・一般の方問わず、個人の目標に合ったレッスンを行っている