こんにちは、ボイストレーナーの早川です。

私がトレーニングをご一緒させていただく方からよくこんなご相談を頂くことがあります。

「滑舌が悪いので印象が悪く、相手に嫌われてしまうんです…」

滑舌が上手くいかないため、コミュニケーションが上手くいっていないという事ですね。

確かに、モゴモゴ話してしまったり、ボソボソ話してしまって、相手に与える印象があまり良くないという方がいらっしゃいます。

しかし、この「滑舌が上手くいかない」=「印象が良くない、嫌われる」になるかというと、これは必ずしもイコールではありません。

滑舌が良くない方でも印象が悪くない方もいらっしゃいますし、良い人間関係を築かれている方もいらっしゃいます。

 

ただ、確かに滑舌が良くないことでコミュニケーションも上手くいかなくなってしまう方がいらっしゃいます。

それはどういうことかというと、滑舌が悪いことがコンプレックスになってしまっている場合です。

何かの体験で、滑舌が悪い=〇〇だ、というマイナスの方面で学習をしてしまうと、それが当たり前のようになってしまいます。

そうすることで、どんどん自信がなくなってしまって「滑舌が悪いからこうなってしまうんだ…」という風に意味づけしてしまう可能性があるのです。

 

では、こういった場合はどうすればいいのかというと…

その「滑舌が悪い=〇〇」という考え方を変えるトレーニングをして、さらに「悪いと感じる滑舌をトレーニングして、自信をつける」です

メンタルトレーニング+滑舌の技術トレーニングですね!

こういったトレーニングを積んでいけば、必ず今考えてしまっている「滑舌の問題」と「コミュニケーションの問題」は解決されます。

滑舌やコミュニケーションで悩まれている方は非常に多いです。

ただ、どちらもトレーニング次第で改善ができるものです。

ぜひ、考えすぎず、トレーニングを行ってみてください。きっとそれが自信になって、今のあなたを変えてくれるはずですよ!

 

 

滑舌・声について何でもご相談ください

滑舌特化型ボイトレ無料体験!

オンラインレッスン実施中!

全国どこからでもお受けいただけます!

>>>詳しくはこちら<<<

The following two tabs change content below.
早川 直記
滑舌を改善することに特化した『滑舌特化型ボイストレーニング』を行う 緊張・あがり症などによる声や滑舌のお悩みにも精通、ボイトレにメンタルトレーニングを組み込む新しいメニューを提案 声優など声のプロを目指す方・一般の方問わず、個人の目標に合ったレッスンを行っている