ラ行がなかなかうまく言えない!

ラ行が苦手…

 

ラ行は、サ行に並ぶ、とても苦手な方が多い言葉になります。

サ行についてはこちら⇒サ行の滑舌が苦手な人、言えない人の特徴と改善方法

 

本日はそんなラ行にスポットをあてて、上手く言えない原因と、その改善方法をご紹介します!

ぜひラ行に悩まれている方は参考にしていただければと思います。

 

ラ行が上手く言えない原因

ラ行が上手い言えない原因は、大きく分けて以下の3つです

 

舌の筋力不足で円滑に動いていない

ラ行は弾音と呼ばれ、舌の先で上前歯の裏(硬口蓋)をはじくようにして出す音です。

実はラ行が苦手な方の多くはこれができていない方がほとんどです。

この弾くことが上手くできないと、子音のRが上手く作れません。

その結果「ラ」と言おうとしたときに「ダ」「タ」のような音になってしまう事があります

 

舌を当てる位置のズレ

ラ行は舌の先で上前歯裏をはじくのですが、この弾く場所、舌を当てるがズレているとRが上手く作れません。

しっかりはじいているのに、キレの良いRが作られない場合は、位置がズレている可能性があります。

 

舌を巻いている

舌を当てる位置のズレと少し似ているのですが、Rを英語発音のように、後ろの方に巻いてしまう方もいらっしゃいます。

後ろに巻いてラ行を発音しようとすると、こもったような音になり、明確なRが作られてきません。

英語発音のようなラ行になってしまっている場合は、舌を後ろの方に巻いてしまうことが原因かもしれません。

 

ラ行の改善方法

では、上記のラ行が上手くいっていない原因を踏まえて、改善方法のご紹介です。

 

少し前側をはじく

ラ行を作るときに、舌の位置がズレている方のほとんどが、上あごの後ろの方に舌を付けて発声をしているパターンです

そのため、いつもより、舌を前気味にしてラ行を発声すると、舌の位置がズレていたことが原因の方はこれだけで改善することがあります。

舌ではじく位置を少し前に!

このくらい前をはじくイメージでやってみてください

ぜひ試してみてくださいね!

 

舌の筋力をつける

ラ行は舌の筋力を非常によく使います。

ラ行が苦手な方が多い理由は、この舌の筋力をよく使うことが原因かと思います。

また、ラ行はほかの子音にはない舌の使い方をします。

そのため、ラ行は舌を円滑に動かせる柔軟さも必要になります。

こういったことができるようになるためには、日常から舌の筋トレをする必要があります。

 

舌の筋力が落ちると、ラ行だけでなく、サ行やた行、な行などにも影響が出ます。

特にサ行は、ラ行と舌の使い方こそ違えど、しっかり筋力を使う音です。

舌の筋力をしっかり鍛えることで、ラ行だけでなく、ほかの音の滑舌も良くなりますので、ぜひしっかりトレーニングをしてみてください!

舌の筋トレ方法については以下の記事でご紹介していますので、ご参考にしてみてください

日常から舌の筋肉を鍛える「ストローながらトレーニング」

【滑舌改善】滑舌を良くする方法!毎日いつでもできる舌の筋トレ

滑舌のかなめ!舌の筋肉を〇〇しながら鍛える方法!

 

ラ行はサ行にならぶ滑舌の鬼門となる音です。

ただ、しっかりとしたトレーニングややり方を学べば必ず言えるようになります!

ぜひ、なぜ言えていないかを特定して、改善するトレーニングを行ってみてください!

滑舌が悪くなる原因や詳しい改善方法などは無料体験レッスンで特定も可能です

ぜひお気軽にお声がけください

 

 

滑舌・声について何でもご相談ください

滑舌特化型ボイトレ無料体験!

オンラインレッスン実施中!

全国どこからでもお受けいただけます!

>>>詳しくはこちら<<<

 

The following two tabs change content below.
早川 直記
滑舌を改善することに特化した『滑舌特化型ボイストレーニング』を行う 緊張・あがり症などによる声や滑舌のお悩みにも精通、ボイトレにメンタルトレーニングを組み込む新しいメニューを提案 声優など声のプロを目指す方・一般の方問わず、個人の目標に合ったレッスンを行っている