「安心感を話し相手に与られるような話し方がしたいんですがどうすればいいですか?」

こんなご質問を頂いたことがあります。

安心感を相手に与えるような話し方をするためにはいくつかの要素が必要になります。

そしてその要素の中で一番大切と言えるのが「安定感」です。

 

本日はそんな安心感を相手に与えられるような、安定のした声を出すためのトレーニング方法をご紹介します!

安心感を与えられるような声が出せると、相手をリラックスさせることができるような癒しボイスを手に入れられます♬

そんな素敵な声を手に入れられるよう、ぜひ、トレーニングの参考にしてみてください

 

安定した声を出すために必要なもの

安定した声を出すために必要なものは…

・呼吸のコントロール

・滑舌

・声量のコントロール

です。

 

声は呼吸がないと出せません。

呼吸がベースになって声が出ますので、この呼吸がコントロールできず、安定しないと当然声もぶれてしまいます。

滑舌も安定感には重要です。苦手な言葉があるとその部分だけどうしても安定をせず、声がぶれてしまいます。

声量も安定をしていないと、安心感を与えるような声にはなれません。そのため、声量、声の響きのコントロールも重要です。

 

安定感を出すための2つのトレーニング

では、安定感を出すためのトレーニングをご紹介します!

 

呼吸のコントロールトレーニング

呼吸をコントロールするトレーニング方法をご紹介します!

普段の会話では息の量は当然感情などで変わります。

しかし、息の量をコントロールできるかできないかは非常に重要なポイントになります。

そのため、安定感を出すためには、呼吸のコントロールが必要です!

呼吸の基本は腹式呼吸になりますので、腹式呼吸がよくわからないという方はこちらの記事を先にお読みください⇒

 

 

①腹式呼吸で息をMAX吸います

②MAXまで吸ったら、16秒かけて息をはききります。この時息は「さ行」の子音「S」の音を出すイメージで、ガス漏れをしているような音を出して息を出してみてください

③16秒かけてはききったら、①に戻って繰り返します

④これを3回繰り返しましょう!

※はく時の息の量は一定で出してください

※しっかり腹式で息をキープしながら安定した息を出し続けましょう!

 

基本的には息を吸って~はいて~を繰り返すだけですのでやることはシンプルです。

しかし、このトレーニングの難しいところは、一定の息をはき続けながら、なおかつ16秒丁度で息をはききるように調節する必要があるという事です。

しっかり腹式でキープをしながらやってみてください、最初は案外簡単そうに見えて難しいですよ!

ちなみに必ず16秒でないといけないという事ではありませんが、16秒くらいの息の量が、丁度普段の会話で使うくらいの息の量くらいの方が多いです。

当然個人差がありますので、色々試してみてください。

このトレーニングで重要なのは、一定の息をはき続けながらコントロールできるようにするという事です。

 

声量のコントロールトレーニング

話し声に安定感を出すためには、声量のコントロールも必要です。

呼吸と同じように、声量も普段の会話では上下します。

しかし、これも呼吸と同じように、コントロールできるようになると、自在に使いこなすことが出きます。

しっかり声量を使いこなすためにトレーニングをしてみましょう!

 

 

①腹式呼吸で息をMAX吸います

②MAXまで吸ったら、はく息にのせて声を「は~~~~」と出していきます。

③16秒かけてしっかり出し切りましょう!①に戻って繰り返します

④これを3回繰り返しましょう!

※声量は常に一定で出してください

※しっかり腹式で息をキープしながら安定した声を出し続けましょう!

 

なんかデジャブ?

そう思われた方は正しいです!

これは、先ほどご紹介した息のコントロールトレーニングのはく部分を声にしただけです。

同じようにしっかり一定にコントロールできるようトレーニングしてみてください!

 

滑舌トレーニングについては

本日のタイトルは誤字?と思われた方ももしかしていらっしゃったかもしれません。

安定に必要なものが3つありながら、2つのトレーニングになってるじゃん?と!

そこまで読んでいただいている方がいらっしゃったら大変うれしく思います、感激です!

あ、でも当然そんな事に気が付かなくてもここまで読んでいただいているだけで感動ものですよ!

 

で、本題なのですが、滑舌は安定感には必要です。

しかし、滑舌のトレーニングは人によって全く異なるので、この場でこれがいいですよ、と乗せづらいのです……

理由についてはこちら⇒

中には、トレーニングをやって悪化してしまうことすらあります。

なので、滑舌のトレーニングに関しては、大変申し訳ないのですが、こちらに乗せることは控えさせていただきます、すみません^^;

もし滑舌についてお悩みであれば、お声を聴かせていただければ確実なトレーニングをご提案できます。

お気軽にお声がけください⇒完全滑舌特化型ボイストレーニング無料体験実施中!

 

本日は、安心感を与えるための、安定した声を出すトレーニング方法をご紹介しました!

ぜひ、トレーニングをして印象の良い安心感ボイスを手に入れてください!

 

 

滑舌・声について何でもご相談ください

完全滑舌特化型ボイトレ無料体験!

全国どこからでもお受けいただけます!

>>>詳しくはこちら<<<

 

 

The following two tabs change content below.
早川 直記
滑舌を改善することに特化した『滑舌特化型ボイストレーニング』を行う 緊張・あがり症などによる声や滑舌のお悩みにも精通、ボイトレにメンタルトレーニングを組み込む新しいメニューを提案 声優など声のプロを目指す方・一般の方問わず、個人の目標に合ったレッスンを行っている