こんにちは、ボイストレーナーの早川です。

 

「サ行を言おうとするとタ行のような言葉になってしまう」

「さ、し、す、せ、そ、を言おうとすると、しゃ、し、しゅ、しぇ、しょ、になってしまう」

こういったお悩みは多くあります

本日は、そんな「サ行の滑舌」に悩まれる方向けの記事になります!

現在サ行に悩まれている方にはお力になれるかと思いますので、ぜひ参考にしてみてください!

 

サ行が言えない理由

最初に、サ行がうまく言えない理由についてご説明します。

ブログの中で何度かご紹介はさせていただいていますが、大切な部分なので、改めてご説明いたしますね!

 

サ行がうまく発音ができない一番大きな理由は…

「摩擦音がうまく出せていないこと」

です。

 

当然これだけが理由ではありませんが、サ行のキモはこの摩擦音です。

この摩擦音がうまくいかないと、サ行は言えなくなってしまいます。

摩擦音についての詳しい内容は⇒サ行の滑舌が苦手な人、言えない人の特徴と改善方法

 

サ行がタ行に近い音になってしまう

サ行を発声しようとすると、タ行に近い音になってしまう、というお悩みもあります。

これはなぜかというと、やはり摩擦音がうまくできていないことが原因になります。

タ行は摩擦音ではなく、破裂音と呼ばれるものです。

タ行を発声する際、舌の位置は

上あごにペタっと、舌の真ん中くらいまで付きます。

そのまま、息を通す際、舌が上あごから勢いよく離れて破裂音が出来上がります。

 

しかし、サ行は舌先が上前歯の裏辺りに軽くつくようなイメージです。

当然息を「ス~~」とはく際に、息の通り道ができなければいけませんから、舌先は少し浮きます

舌先はこの辺りにつけ、空気の通り道を少しだけ空けます

 

サ行を発声しようとした時、タ行のようになってしまう方は、タ行の破裂をさせるような舌使いになっていることが多いです。

一度、ゆっくりとサ行の子音「S」の音を作ってみてください。

その際、タ行のようにペタっと上に舌をつけるのではなく、舌先だけ上の歯の裏につけるようなイメージで作ってみてください。

これだけで、タ行に近い音が出ている場合は改善することがあります。

 

サ行を発音しようとするとシャ行のような音になる

サ行を発音しようとすると、シャ、シュ、ショのようになってしまうというお悩みも多くあります。

これもやはり原因は摩擦音がうまく作れないことです。

 

詳しい原因としては、

舌が下の歯の裏辺りまで落ちている

が考えられます

 

舌が上ではなく、下の歯の裏の方に落ちていることによって、うまく摩擦音が作れていないことが原因です

舌先が下の歯の裏の方まで落ちていると、上手く「S」の音が作れません

そのため、「さ」「す」「せ」「そ」が「しゃ」「しゅ」「しぇ」「しょ」になってしまいます。

このパターンの特徴としては、「し」だけはある程度しっかり「し」という音が言えます。

 

改善の方法は、やはり舌先を上に上げて、しっかりとした「S」の音を作ることです。

「す」の音が一番摩擦音が作りやすい音(個人差はありますが)と言われていますので、「SU」の「S」のみを発声するようなつもりで練習をしてみると良いでしょう!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

本日は「サ行」が「タ行」のようになってしまう、また、「サ行」が「シャ行」のようになってしまう滑舌の原因と改善方法のご紹介でした!

やはりサ行のキモは摩擦音です

最初は難しく感じるかもしれませんが、練習をすれば必ずできるようになります

ぜひ、やってみてくださいね!

 

サ行の詳しい発声方法はこちらの動画でもご紹介しています

 

 

滑舌・声について何でもご相談ください

滑舌特化型ボイトレ無料体験!

オンラインレッスン実施中!

全国どこからでもお受けいただけます!

>>>詳しくはこちら<<<

The following two tabs change content below.
早川 直記
滑舌を改善することに特化した『滑舌特化型ボイストレーニング』を行う 緊張・あがり症などによる声や滑舌のお悩みにも精通、ボイトレにメンタルトレーニングを組み込む新しいメニューを提案 声優など声のプロを目指す方・一般の方問わず、個人の目標に合ったレッスンを行っている