日本語には無声音というものがあります。

この無声音が上手くいかないことで滑舌が悪くなってしまっている方も多くいらっしゃいます。

さらに、無声音がしっかり使えることで、言葉が滑らかに流れるようになり、文章を読んだ時などにも差が出てきてしまします。

そのため、声のプロを目指す、声優志望者さんなどには、必須の技術と言えます。

本日は、そんな無声音を習得するための毎日できるトレーニング方法をご紹介します!

 

無声音って?

無声音というのは、母音を響かせない声です。

喉のところに手をおいたまま「あ~~」と声をだすと喉が振動をしているのが分かるかと思いますが、そのまま「静かに!」というような「し~~~」という声をだすと、喉が震えなくなると思います。

これが無声音です。

無声音にはルールがあり、

こういったルールがあります。

このルールや無声音についてはこちらで詳しくご説明していますので詳細についてはこちらをご覧ください

無声音のルールとやり方

 

無声音のトレーニング

無声音は難しい、そんなイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、やり方を知って、しっかりトレーニングを積んでいけば、そんなに難しいものでもないんです!

 

無声音トレーニング①子音のみ発声

無声音は子音をしっかり発声して、そのまま母音を言わないようなイメージで発声するとキレイに出せます。

例えば

・すきやき(sukiyaki)

・ひかり(hikari)

この単語ですと、文字を赤くしたところが無声音になります。

そうした時、無声音にする文字の子音のみを言うようなイメージを持ちます。

すきやきであれば、「S」のみを言うイメージです。

ひかりであれば「H」ですね。

このように、子音のみを言うようなイメージで練習をすると、どんどん言えるようになってきます。

 

無声音トレーニング②無声音アンテナをはる!

こちらは腰を据えてトレーニングをするというより、毎日やっていただきたいことです。

それは日常の会話の際、話していて言いにくい言葉が出たとき、違和感を感じたときにその言葉が無声音だったかどうかを確かめるクセをつけましょう!

無声音が難しいと感じる方の多くは、その言葉が無声音なのかどうかが分からないという方です。

そのため、日常から無声音かどうかを見極める無声音アンテナをはりましょう!

 

無声音は滑舌にものすごく影響があります!

ぜひ使いこなせるようになって、きれいな日本語を話しましょう!

 

 

滑舌について何でもご相談ください

完全滑舌特化型ボイトレ無料体験!

全国どこからでもお受けいただけます!

>>>詳しくはこちら<<<

 

The following two tabs change content below.
早川 直記
滑舌を改善することに特化した『滑舌特化型ボイストレーニング』を行う 緊張・あがり症などによる声や滑舌のお悩みにも精通、ボイトレにメンタルトレーニングを組み込む新しいメニューを提案 声優など声のプロを目指す方・一般の方問わず、個人の目標に合ったレッスンを行っている