突然ですが、大きな声を出すときの感覚ってわかりますか?

おそらくこの記事を今読んでい頂いているあなたは、大きな声が出なくて悩まれているのではないかと思いますが、

大きな声が出せない場合、一番難しく感じるのが「大きな声を出す感覚」と言われています。

大きな声を出すために必要な要素が、

「息の圧力」

「息の圧力を声に変える(共鳴させる)」

という事です。

 

しかし、普段大きな声を出さない方の場合、そもそもこの感覚がわからないという方が多いです。

そのため、大きな声を出すためには、技術的なトレーニング+この大きな声を出すための感覚を知る、という事が重要です!

 

では、この大きな声を出すための感覚はどうやったらわかるのでしょうか?

実はこれ、日常生活で出る、あるものを使う事で簡単に体感できるんです!

 

「くしゃみ」で声量UP

そうです、日常出るあるものとは

「くしゃみ」

です!

 

くしゃみって、我慢せずに思いっきり出すとすごく大きな声が出ませんか?

あれって、息の圧力もすごく強いし、こらえなければそのまま息が声に変わるので、しっかりとした共鳴の強い声がでます!

普段大きな声を出さないという方も、このくしゃみを利用すれば、大きな声を出す感覚を掴めるというわけですね!

 

そして、くしゃみをする際に、さらに覚えていただきたいのが、お腹の固くなるポイントです。

くしゃみをする際、必ずお腹の真ん中あたりが固くなると思います。

みぞおちの少し下あたりかと思いますが、この固くなるポイントは、大きな声を出すときに非常に重要なポイントです。

 

この固くなるポイントを覚えて、実際の声を出すトレーニングをしていただくと、どんどん大きな声を出す感覚がつかめてくると思います!

 

まとめ

・大きな声を普段出さない場合、そもそも出す感覚が分からない

・大きな声を出す感覚は「くしゃみ」で覚えるとOK

・くしゃみが出るときのお腹の固くなるポイントを覚える

・くしゃみをするときのようにお腹のポイントに力を入れて、しっかり息をはきながら声を出すトレーニングを行う

 

ざっくりではありますが、こういった流れでどんどん大きな声が出せるようになるかと思います!

ぜひ、試してみてください!

 

補足ですが、この流れでトレーニングをすることによって、滑舌が良くなる方もいらっしゃいます。

息の圧力が不足しているために滑舌が悪くなっている方は、このトレーニングでしっかりとした息の圧力が出せるようになるため、滑舌も良くなってくれるのです!

ぜひ、やってみてくださいね!

 

本日の内容はこちらの動画でもご紹介しています!

 

 

滑舌・声について何でもご相談ください

滑舌特化型ボイトレ無料体験!

オンラインレッスン実施中!

全国どこからでもお受けいただけます!

>>>詳しくはこちら<<<

The following two tabs change content below.
早川 直記
滑舌を改善することに特化した『滑舌特化型ボイストレーニング』を行う 緊張・あがり症などによる声や滑舌のお悩みにも精通、ボイトレにメンタルトレーニングを組み込む新しいメニューを提案 声優など声のプロを目指す方・一般の方問わず、個人の目標に合ったレッスンを行っている