滑舌が悪くなってします原因の一つに、表情筋を使いすぎてしまう、特に口の回り(口輪筋)を固く使ってしまうことによって悪くなってしまうということがあります。

口を大きく開けると滑舌が悪くなる!間違いだらけの滑舌トレーニング

この、表情筋の使い過ぎ問題の解決法は、口をあまり動かさなくても言葉が言えるということを知るということ、そして口の回りの筋肉のリラックスが必要になります。

本日ご紹介する「ながらトレーニング」はこんな表情筋、特に口輪筋を固くしてしまっている方のリラックス法としては最適なトレーニングになっています!

 

口輪筋をリラックスするリップロール

リップロールというトレーニング方法をご存知でしょうか?

リップロールは依然ご紹介したタングトリルのように話し声というより、歌声のトレーニングで使われることが多いトレーニング方法です。

しかし、このリップロールは、唇をリラックスして行いますので、口輪筋のストレッチには最適です!

そのため口輪筋を強く使いすぎてしまう方にとってはとてもいいトレーニング方法なんです。

 

 

①唇の力を抜いてリラックスします

②リラックスした状態で唇を閉じたまま息をはきます

③自然に唇がプルプルプルプルと震えます

④そこに自然に声を入れてみます

 

 

プルプルプルプルと唇が震えて声が出れば成功です!

このトレーニングのコツは、リラックスをして行うことです!

唇がうまく震えないという方が、力が入ってしまっている可能性があります。

もしくは、はく息の量が一定ではない、もしくは弱いと唇がきれいにプルプルしなくなります。

・唇の力を抜いてリラックス

・息は強めにはく

・息の量は一定にする

この3つを気をつけてやっていただければ、うまくいくと思います。

 

ここまでできるようになったら、あとはほかの「ながらトレーニング」と同じ!

掃除をしながら、お風呂に入りながらなどなど、何かをやりながらやっていてください!

 

口輪筋を強く使ってしまう方は、頑張ろうと思えば思うほど筋肉を固くしてしまう傾向があります。

固くしてしまう方にはとてもいいトレーニングになります

ぜひチャレンジしてみてくださいね!

 

 

滑舌について何でもご相談ください

完全滑舌特化型ボイトレ無料体験!

全国どこからでもお受けいただけます!

>>>詳しくはこちら<<<

 

 

The following two tabs change content below.
早川 直記
滑舌を改善することに特化した『滑舌特化型ボイストレーニング』を行う 緊張・あがり症などによる声や滑舌のお悩みにも精通、ボイトレにメンタルトレーニングを組み込む新しいメニューを提案 声優など声のプロを目指す方・一般の方問わず、個人の目標に合ったレッスンを行っている