ご自身のお子様の滑舌が気になったことってありませんか?

・もごもごしていて何を言っているか聞き取れないことがある

・言葉をしっかりと作れない

・「サ行」「ラ行」などがほかの言葉に聞こえる

などなど…

他の子どもと比べると、なんだか言葉が上手く言えないみたい…

そんなお悩みを持たれる親御様はたくさんいらっしゃいます。

 

本日は、そんな「お子様の滑舌」についてご紹介したいと思います。

内容としては「上手く言えない原因とそのトレーニング方法」についてです。

現在、お子様の滑舌や言葉でお悩みの方には参考にしていただけるかと思いますので、ぜひ最後までお付き合いください!

 

子供の滑舌が悪い理由

最初に、お子様の滑舌が悪い理由についてご紹介します。

子供の滑舌は、個人差はありますが、基本的に少しずつ色々な言葉が言えるようになっていきます。

生まれてからある時期になったら全ての言葉を習得するわけではなく、少しずつ言える言葉が増えていくイメージです。

そのため、難しい言葉に関しては、5歳を過ぎてもまだはっきりと発音できないこともあります。

 

目安としては…

「た行」「ま行」「ぱ行」などは比較的早い時期に習得でき(3歳~)

「さ行」「ら行」などは難しく、比較的遅く(5歳前後)まで上手く発音することができないと言われています

 

当然個人差があるのでひとくくりにはできないのですが、年齢と気になる滑舌がどういった言葉なのかという事によって、まだそこまで気にしなくて良いのか、トレーニングをしたほうが良いのかが変わってきます。

そのため、滑舌がまだ悪くても問題ない、という場合があるので、前提として心配のしすぎは禁物です(お父さんお母さんのストレスにもなってしまいます)

 

では、ある程度の時期が過ぎても上手く言葉が作れない場合、どういった理由が考えられるのかというと…

①言葉の作り方(舌の位置や息の使い方など)を理解していない

②舌を思ったように動かせない

③言葉を聞き分ける耳が育っていない

等が考えられます。

 

以前、お父さんやお母さんの滑舌がお手本になるという記事をご紹介しましたが、こういった環境などによっても「言葉の作り方の理解度」が変わってきます。

子供の滑舌を直すにはお父さん、お母さんのお手本が必要不可欠!

そのため、上記3つの理由を作っている原因も個人差がありますので、しっかりとお子様の言葉に向き合うことが大切です。

 

子供の滑舌の直し方(トレーニング方法)

では、お子様の滑舌の直し方、トレーニング方法についてご紹介します!

 

舌のストレッチ&筋力トレーニング

 

①アッカンベーをします(しっかり唇より前に出るように)

②そのまま3秒ほどキープ!

③素早く口の中に戻します

舌の筋力をUPします

 

①アッカンベーをします

②舌を出したまま左右にゆっくり振ります

③上下にも振ります

④ぐるっと時計回り、反時計回りに回しましょう

舌を意識的に動かす感覚を養います。さらに舌の筋力もUPします

 

①舌先を上の前歯の裏あたりに付けます

②そのまま舌を吸いつけて「ターン」という音を出しましょう

「ら行」など、舌を使う音の使い方を覚えます

 

基本的には、難しい言葉は舌をダイナミックに使う音が多いです。

そのため、舌を意識的に使えること、舌の筋力があることがとても滑舌に影響してきます。

上記のようなトレーニングを、ぜひお子様と一緒に楽しくやってみてください

 

お父さん、お母さんの滑舌はお子様のお手本になる

あと、比較的多い原因の一つとして「お父さん、お母さんの滑舌」というものがあります。

お子様の言葉は、生まれてから周りの言葉を聞きながら発達していきます。

そのため、お父さんやお母さんの言葉をお手本として覚えていくのです。

「お子様の上手く言えていない言葉が、実は親御さんも言えていなかった」

こういったことは結構多くあるのです。

 

そのため、お父さんやお母さんの滑舌が良くなったら、一緒にお子様も良くなった、という事はよくあるのです。

言葉は耳で聞いて覚えます。

お手本の声を出せるように、お父さんやお母さんがトレーニングをする必要も、場合によってはあるかもしれませんね。

 

しっかりと改善したい場合は専門トレーニングを

ここまでお読みいただいたあなたならお分かりかもしれませんが、滑舌が悪くなっている原因は個人差があります。

上記でご紹介したトレーニングは有効なものですが、お子様の原因にピンポイントなトレーニングではないかもしれません。

そのため、どうしても滑舌が気になる場合は、一度専門的なトレーニングをお受けすることをオススメします。

実際のお声を聴きすることで、その原因に合ったトレーニングを行うことができます。

また、ご年齢によってはまだ気にしなくてもよいものかもしれません。

こういった言葉などが心配になってストレスが溜まってしまう親御さんも多くいらっしゃいます。

そういった不安を解消する意味でも、気になるようであれば、一度お気軽にご相談ください。

 

 

滑舌・声について何でもご相談ください

滑舌特化型ボイトレ無料体験!

オンラインレッスン実施中!

全国どこからでもお受けいただけます!

>>>詳しくはこちら<<<

The following two tabs change content below.
早川 直記
滑舌を改善することに特化した『滑舌特化型ボイストレーニング』を行う 緊張・あがり症などによる声や滑舌のお悩みにも精通、ボイトレにメンタルトレーニングを組み込む新しいメニューを提案 声優など声のプロを目指す方・一般の方問わず、個人の目標に合ったレッスンを行っている