「丹田(タンデン)」って聞いたことありますでしょうか?

ヘソの下5センチくらいの場所から、さらにお腹の中の方に5センチくらい行った場所のことです。

東洋医学などでよく耳にする言葉で、気の流れに関係している大事な場所だそうです(すごくモヤッとした説明ですみません^^;)

私は丹田については全く詳しくないのですが、なぜ丹田のお話をしたかというと、よく「発声の時に力を入れる場所は丹田」という言葉を耳にするからです。

「息を吸うとき、声を出すときは丹田をしっかり意識してやりましょう」と私も昔よく言われました。

 

でも、今の私の考え方は違います。

しっかり腹式呼吸の力を使って声を出すためには、丹田ではないほうが良いです!

本日はそんな声を出すときに力を入れる場所についてご紹介します。

この発声法で声も良くなりますし、滑舌も良くなる可能性があります。ぜひ参考にしていただければと思います!

 

この内容は腹式呼吸についてご紹介した⇒ を先に読んでいただくとさらにわかりやすくなりますよ^^

 

なぜ声を出すとき丹田を意識するのか

実は、これがわかりません^^;

おそらくはお腹の底の方から声出す感覚で発声をすることで、しっかり腹式呼吸を声につなげようというものなんじゃないかと思います。(誤っていたらすみません^^;)

私の感覚では、へその下に力を入れるようにして発声をすると、腹筋で支えを作りにくくなりますし、声にも力を入れにくく感じてしまいます。

 

声を出すときに力を入れる場所は?

みぞおちから少し下あたりの部分が一番力を入れやすいと思います

息を「フゥ~~~」と最後まではききったときに「ググググ」と一番固くなるポイントです。

このポイントにしっかり力をいれて発声をするのが一番声が出やすくなるかと思います。

なぜなら、とても意識をしやすい場所ですし、力も入れやすいのです。

 

この場所は、大笑いをした時に痛くなるポイントでもありますし、くしゃみをした時に固くなるポイントでもあります。

つまり、普段からしっかりお腹を使う行動を取るときに一番使っているポイントです。

そのため、声を出すときにも力を入れやすいのです。

 

少し想像をしてほしいのですが、くしゃみをするときって息がいっぱいでますよね?

あの息の量をそのまま声にしたらすごく大きな声が出ます。

時々外を歩いていると、ご年配の方とかが「へっくしょ~~い!!」ってすごく響く声でくしゃみをしている場面に遭遇します。

あの時は、必ずこのポイントに力が入っています。

もしあなたも今度くしゃみをするとき、このポイントをさわってみてください。

しっかり固くなっているのが分かるはずです。

 

そして、その場所に力を入れたまま、息をしっかりはいて声を出してみましょう!

これだけで声は響くようになりますし、息の圧力をしっかりかけられるようにもなりますで、息の圧力不足で滑舌が悪くなっていた方は、滑舌も良くなるはずです!

ぜひ、試してみてください!

 

まとめ

本日は「声を出すときに力を入れる場所」についてご紹介しました。

よく丹田に力を入れる意識で、と言われていますが、私はこの意識が難しかったため、現在はこのみぞおちちょっと下の「くしゃみをした時に固くなる場所」「大笑いをした時に固くなる場所」に力を入れるよう推奨しています。

丹田に力を入れる感覚で問題ない方はそのままで良いかとおもいますが、私が今までトレーニングをさせていただいた方たちの多くは、やはり丹田のイメージが難しいとおっしゃられていました。

最終的には呼吸をしっかりコントロールできて、声がしっかり出せて滑舌も問題なければどちらでも良いのですが、イメージがしやすいほうが声を出しやすいかと思います。

ぜひ、試してみてくださいね!

 

 

滑舌について何でもご相談ください

完全滑舌特化型ボイトレ無料体験!

全国どこからでもお受けいただけます!

>>>詳しくはこちら<<<

 

The following two tabs change content below.
早川 直記
滑舌を改善することに特化した『滑舌特化型ボイストレーニング』を行う 緊張・あがり症などによる声や滑舌のお悩みにも精通、ボイトレにメンタルトレーニングを組み込む新しいメニューを提案 声優など声のプロを目指す方・一般の方問わず、個人の目標に合ったレッスンを行っている