「滑舌を良くする手術があるって聞いたんですけど、それって本当ですか?」

先日レッスンの際にこんなご質問をいただきました。

滑舌に関係する手術はいくつかあります。

本日は、そんな滑舌と関係ある手術についてと、実際に滑舌に悩んでいたらその手術を受けるべきなの?という部分をご紹介したいと思います。

 

※本日の記事内容は、今までのレッスン経験と実際に手術を受けた方から伺った内容をもとにして書いています。

手術の詳細や、実際にできるかどうかなど医療的な部分は信頼のできる口腔外科にてご相談ください。

 

舌小帯を切る手術、舌小帯切離術

よく滑舌が良くなる手術として紹介されているのは、舌の裏の筋である「舌小帯」を切る手術です。

舌の裏の筋である舌小帯が強く残っていると、舌を上に動かすことが難しかったり。滑らかに動くことができなくなります。

子供時代にはこの舌小帯が短く、舌を自由に動かすことが難しいです。(小さい子供の話し方が舌ったらずのように聞こえるのは、こういった舌小帯が強く残っているということも原因の一つです)

大人になるうちに、この舌小帯はだんだん切れていくことが多いのですが、大人になっても色々な要因によって舌小帯が強く残ったままの方もいらっしゃいます。(舌小帯短縮症と言います)

舌が物理的に動かしにくくなるため、当然滑舌は悪くなってしまいます。

 

この残ってしまった舌小帯を切る手術が「舌小帯切離術」です

舌の裏の筋を切ってしまい、舌の可動域を広げるというものです。

舌の可動域が広がりますので、言葉を作るための舌の動かいがやりやすくなります。

 

手術を受ける=滑舌が良くなるではない

ここで一つ手術を決める前に注意点があります。

それは、「舌小帯を切る=滑舌が良くなるではない」という事です

以前お会いした方が、

「口腔外科で舌小帯を切ると滑舌が良くなると聞いたからやったけど、そんなに変わらなかった…」

とがっかりされていました。

 

そうです、ただ舌小帯を切っただけでは滑舌は良くなりません。

なぜなら、舌小帯を切ることで舌は自由に動けるようになりますが、その使い方がわからなければ当然良い滑舌にはなりません。

しかもある話によると、舌小帯をせっかく切っても、舌を上あごではなく下に落としておくクセがついてしまっている方は、切った舌小帯が戻ってしまうという事もあるようなのです。

 

舌は本来上あごにピッタリついています

しかし、舌小帯が強かった方は、いままで下あごの方に落ちていたはずです。

そして、ほとんどの方が、今まで舌が自由に動かせなかった分、舌の筋肉が弱めです。

舌の筋肉が弱めの方は舌を上あごにつける動作に違和感があるでしょう。

そのため、舌小帯を切った後はしっかりトレーニングをしなければいけません。

 

自由に動けるようになったら、滑舌を良くするために舌の動かし方を覚えなければいけません。

今までとは可動域が違うので、最初にしっかり覚える必要があるわけですね

 

あと、注意していただきたいのが、そもそも現在の滑舌が悪い原因が舌小帯なのかどうかです。

滑舌は色んなことが重なって悪化します。

中には舌小帯と関係のない部分で滑舌が悪くなっている可能性もあります。

そうなると、せっかく手術をしても、ほかの原因があるので、滑舌が改善しないという事も起こり得ます。

 

こういった滑舌の原因については、ご自身でわかりにくいかもしれません。

もし現在の滑舌が悪い原因が知りたいという方は、原因を特定する無料体験レッスンも行っていますので、お気軽にお声がけください

⇒滑舌が悪い原因もわかる!無料体験レッスン実施中!

 

このように、舌小帯を切っただけでは滑舌は良くならないことが多いと思います。

しかし、しっかり滑舌のトレーニングを積めば、滑舌は良くなります!

 

舌小帯が強い場合は手術をしたほうが良いの?

これは個人差があると思います。

と、いうのも個人個人目指す滑舌の良さが違うと思います。

そして、舌小帯の強さも個人差があります。

 

たとえば、一般職に就かれていて、めちゃくちゃ良い滑舌までは求めないという方であれば、少し言いにくいな~くらいの舌小帯を無理に切る必要もないかなとは思います。

しかし、声のプロを目指していて、明らかに舌小帯が強く、良い滑舌の邪魔になっているようであれば、切ったほうが良いかもしれません

ただ、あくまでもこれは滑舌に関してだけの話なので、健康など、ほかの要因で切ったほうが良いというような場合は、手術をされたほうが良いかもしれませんね。

 

医学的な部分もありますので、信頼のおける口腔外科の先生に一度ご相談されることをおすすめします。

 

まとめ

・滑舌を良くする手術として有名な手術は「舌小帯切離術」

・手術を行うだけでは、滑舌に変化が起こりにくい

・手術をして、その上でしっかり滑舌トレーニングを行えば、舌小帯が原因の滑舌は良くなる!

・医学的な部分は信頼のおける口腔外科の先生にご相談を!

ご参考になればうれしいです^^

 

 

滑舌について何でもご相談ください

完全滑舌特化型ボイトレ無料体験!

全国どこからでもお受けいただけます!

>>>詳しくはこちら<<<

 

 

The following two tabs change content below.
早川 直記
滑舌を改善することに特化した『滑舌特化型ボイストレーニング』を行う 緊張・あがり症などによる声や滑舌のお悩みにも精通、ボイトレにメンタルトレーニングを組み込む新しいメニューを提案 声優など声のプロを目指す方・一般の方問わず、個人の目標に合ったレッスンを行っている