よくこんなご相談を頂きます。

「舌が人より長くて滑舌が悪くなってしまうんです…」

「舌が短いから滑舌が悪くなっちゃうみたいなんです…」

こんな舌の長さと滑舌の関係ですね。

 

そして、「舌が原因であればもうこの滑舌は直りませんかね?」

とすごく心配されます。

 

もし今ご覧になられてるあなたも、舌と滑舌の関係で不安に思われていたのだとしたら、安心していただいて大丈夫です!

舌の長さと滑舌はそんなに関係ないんです!

 

ただ、長さはあまり関係ないのですが、ある条件が重なると滑舌に影響してしまいます。

本日はそんな長さと滑舌のお話です

 

舌の長さは関係ないけど…

長さはそんなに関係はないですが、非常に重要なポイントがあります。

それは「筋力!」

長さは関係なくても舌の筋力が落ちると滑舌に大きな影響を与えます。

滑舌が悪い方多くの方が、この舌の力の筋力不足が絡んでいます。

現在滑舌が悪くてお悩みだったとしたら、舌の筋力不足が原因になってしまっている可能性もあります。

 

短いと感じる場合の注意点

舌が短いと感じる方の場合、あるものが影響をしている可能性があります。

それは「舌小帯」という舌の裏の筋です。

このスジは子供の場合筋が短く、舌が自由に動かせないことが多いのですが、ほとんどの場合大人になると同時にスジが切れていきます。

そして舌を自由に動かすことができるようになります。

しかし、様々な原因がかさなって、大人になってもこの舌小帯が切れていない方もいらっしゃいます。

 

そうなると、舌小帯に引っ張られて舌を自由に動かしにくくなります。

その結果、舌が短いと感じられている方もいらっしゃいます。

 

調べ方としては、「あっかんべー」のように舌を出した時、舌先が引っ張られてハート型のようになる方は、舌小帯が強く残ってしまっている可能性があります。

舌小帯が強いとこういった感じに舌先が引っ張られます

 

舌自体の長さは滑舌にそんなに影響しません。

しかし、この舌小帯によって引っ張られているような状態の場合、滑舌に影響を与えることがあります。

また、舌小帯が強く残っている場合、舌を上のアゴにつけることが難しくなります。

そうすると、口呼吸がクセになってしまったりして、どんどん舌の筋力が落ちてしまう原因にもなります。

舌が短いと感じられる方は、この舌小帯の影響がないかどうか注意が必要です。

 

ただ、舌小帯が残っていてもきれいに言葉を作られる方もいらっしゃいます

舌小帯の残り方、舌の筋力によっても滑舌が変わってきますので、舌小帯が強い=滑舌が絶対に悪くなるという事でもありませんので、ご安心ください。

 

まとめ

本日は舌の長さと滑舌についてご紹介しました

舌の長さ自体はそこまで滑舌に影響はありませんが、筋力や舌小帯などの影響で滑舌が悪くなってしまうことがあります。

参考にしていただけると嬉しいです^^

 

 

滑舌について何でもご相談ください

完全滑舌特化型ボイトレ無料体験!

全国どこからでもお受けいただけます!

>>>詳しくはこちら<<<

 

 

The following two tabs change content below.
早川 直記
滑舌を改善することに特化した『滑舌特化型ボイストレーニング』を行う 緊張・あがり症などによる声や滑舌のお悩みにも精通、ボイトレにメンタルトレーニングを組み込む新しいメニューを提案 声優など声のプロを目指す方・一般の方問わず、個人の目標に合ったレッスンを行っている