埼玉県所沢市の滑舌を改善するためのボイトレレッスン!完全滑舌特化型ボイストレーニングはこちら!

無声音のルールとやり方/滑舌特化型ボイストレーニング

  • HOME »
  • 無声音のルールとやり方/滑舌特化型ボイストレーニング

無声音とは?

無声音というのは、文字の通り「声にならない音」です。

喉のところに手を当ててみてください。

そして「あ~~~」と声を出すと、喉のところが振動しているのが分かるかと思います。この音の事を有声音と呼びます

では手はそのまま当てておいて、今度は「静かに!」というような時に出す「し~~~~」という音を出してみてください。

おそらく、今度は喉のところが振動しないかと思います。

これが、無声音です。そして声を無声音にすることを無声化と言います。

簡単にまとめると…

声を出した時に喉のところがビリビリと響く音=有声音

「し~~」など音を出しているに喉のところが震えない音=無声音

 

という認識で基本的には問題ないです。

 

無声音のやり方

無声音のやり方は「母音」を言わないという事です

母音を発声せずに、子音だけ発声するイメージです。

 

こんな単語を声に出して読んでみてください。

・タクシー

・服

・洗濯機

この文章を読んだ時、先ほどと同じように喉に手を当てて見てください。

ゆっくり読むと、喉が振動している音と、振動していない音があるかと思います。

「タクシー」であれば、「ク」が振動しないと思います。

「フク」は「フ」が振動しません。

「センタクキ」は「ク」が無声音です。

もし、全てしっかり振動をしているという場合は、無声化ができていないという事になります。

 

難しいと感じるかもしれませんが、普段無声音は無意識的に使われている方が多いです。

例えば「センタクキ」ですが、無意識のうちに「センタッキ」という風に言っていませんか?

厳密に言うと「センタッキ」は正しい無声化のやり方ではないのですが、やろうとしていることは近いです。

このセンタクキを全てしっかり言おうとするととても言いにくいです。

言いにくい言葉を飛ばすようなイメージが無声化に近いかもしれません。

 

無声音のルール

無声音にはいくつかのルールがあります。

無声子音(k,ky,s,sy,t,ch,h,hy,p,py)にはさまれた

「i」「u」の母音をを無声化する

これが無声音の基本ルールの一つ目です。

少しわかりにくく感じられるかもしれませんが、

タクシー(takusi)で考えると、

kとsに挟まれているuがありますね?

そのため、このuを無声化します。

「く」というときだけ、喉が震えないという事ですね。

 

無声子音の後の「i」「u」が文章の切れ目、終わりに来たら無声音になる

「~です(desu)」の「す」や、「もし(mosi)、○○だったら~」の「し」が無声音です。

 

無声音の例外

少しややこしいことに、ご紹介した2つの基本ルールに当てはまっても無声音にしない例外もあります。

基本ルール①は比較的例外は少ないのですが、言葉として成り立たなくなるものは例外として有声音とします。

例えば「キツツキ(kitutuki)」

このキツツキは基本ルールに当てはめて考えると、全て無声音です。

そうすると言葉になりません。

そのため、いくつかの音を有声音にして、伝わるように発声します。

 

基本ルール②はそもそもルールの適用がゆるめです。

なぜかと言うと、文章最後の音に重要な意味、アクセントの核、などが来る場合は、有声化したほうが意味が伝わるからです。

 

無声音ができないと滑舌が悪くなる

言葉がカクカクするイメージ
なめらかに話せない
言葉が詰まる
「か行」が苦手

こういったことがある方は「無声化」ができないことによって、滑舌が悪くなっている可能性があります。

無声音は言葉を滑らかにする特性があります。

そのため無声音がきれいにできている場合は言葉が流れるように聞こえるのですが、無声音が有声化されると、途端に言葉がカクつくような印象になります。

 

声優など声のプロを目指す人は必須

声のプロを目指す以上は避けては通れない項目です。

無声音は少しややこしく、鼻濁音以上に習得に努力が必要です。

ただし、滑舌も良くなりますし、きれいに文章を読むことができるようになります。

特にナレーション原稿、朗読原稿などを読まれる場合は、無声音ができないとかなり厳しいです。

 

無声音のトレーニングもOK!30分無料体験レッスン実施中!

そんな滑舌改善のためのボイストレーニングを無料(※1)で体験していただけます!

滑舌に関してのお悩みは何でもご相談ください!

※1 レッスン料は無料ですが、対面レッスンご希望の場合、別途場所代等が発生いたします(約500~1000円)

※レッスン時間は30分ですが、振り返りや課題等のお話をレッスン後に行いますので、約45~60分ほどお時間を見ていただくと確実です。

 

 

体験レッスンまでの流れ

STEP①/お申込み

ご予約受付フォームより、ご希望の日程とお時間、必要項目をご入力いただきお申し込みください

※レッスンは対面形式かSkype・LINEなどオンライン形式かお選びいただけます

※対面ご希望の場合、場所をご相談の上決めさせていただきます。場所についてはコチラをご確認ください

STEP②/詳細決定
24時間以内に担当より受付内容の詳細メールを返信いたします。
STEP③/当日

当日、お時間になりましたらオンラインレッスンの場合はトレーナーよりご連絡いたします

対面レッスンの場合は、お約束の時間にトレーナーがお待ちしています

STEP④/レッスン後

体験レッスン終了後は、リラックスしながらトレーナーとレッスンの振り返り、滑舌の課題等についてお話ください

また、ご不明点やご相談も遠慮なくお話ください

 

レッスン場所について

レッスンはオンラインレッスン、対面レッスンのどちらも承っています。

オンラインレッスンの場合、Skype・LINE・ZOOMなどを使って、オンライン通話で滑舌トレーニングを行います。

対面レッスンご希望の場合、固定のレッスンスタジオではトレーニングを現在行っていないため、ご相談の上場所を決定いたします(最寄りカラオケ店でのレッスンがご好評です)

お気軽にお問い合わせください TEL 04-2935-7036

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.