埼玉県所沢市の滑舌を改善するためのボイトレレッスン!完全滑舌特化型ボイストレーニングはこちら!

【滑舌を直す!】完全滑舌特化型ボイストレーニングとは

  • HOME »
  • 【滑舌を直す!】完全滑舌特化型ボイストレーニングとは

現在の滑舌トレーニングの常識

滑舌を改善するためのトレーニングを想像すると、どんなトレーニングを想像されますでしょうか?

早口言葉

口の形を練習する

五十音(あ、い、う)などをハッキリ言う 

などなど…

現在、多くの滑舌矯正トレーニングは、このような内容を行うことが多いかと思います。

しかし、現在のこのトレーニングの常識……これはとても危険と言わざるえません!

なぜなら、現在滑舌で悩まれている方の多くはこういったトレーニングでは改善できないからです。

 

滑舌が良くない状態(上手く言えない状態)というのは、個人個人全く原因が違います。

すべてが同じ原因ということであれば、同じように口の形を作り、同じように発声すればよいかもしれませんが、人間は人によって体格も骨格も息の出方も歯並びも……何もかもが全く同じ人など存在しないのです。

言葉というものは、ものすごく多くの工程が重なってできています。

言葉を作る滑舌というものは、職人技のようなものです。

そんな人によって原因の違う繊細な言葉を、全て同じように口の開け方、ハッキリ、大きな声で、というトレーニングで改善するのは、無理があります。

いままでお会いした方の中には、有名声優事務所の養成所で数年学んだとか、劇団に5年いるとか、声優の専門学校で勉強してきたという方も多くいらっしゃいました。

そんな方に今までどんな滑舌トレーニングを行ってきたか伺うと、やはり口をしっかり開けて、とか口の形をしっかり作って、とか、ハッキリ話すようにとか、そういったトレーニング方法でした。

繰り返しになってしまいますが、こういったトレーニング方法では、滑舌はなかなかうまくいきません。

状況によっては悪化する可能性さえあります。

 

もしあなたが滑舌でお悩みであれば、現在の滑舌トレーニング常識は忘れてください!

滑舌を改善するためのトレーニングは、あなたの滑舌がうまくいっていない原因を改善するものでなければいけません!

 

滑舌が悪くなる原因

滑舌が悪くなる原因にはさまざまなものがあります

その中のいくつかですが…

表情筋・口輪筋が硬い(口の開きすぎ)

表情筋・口輪筋が弱い(動かなすぎ)

子音の舌の位置

呼気の強さ、位置

舌の筋肉

緊張などによる心因性のもの

など、細かい内容をあげていけばさらに滑舌が悪くなってしまう原因は出てきます。

そして、こういったものが、複雑に絡み合います。(表情筋+舌の筋肉+舌の位置+ある子音の乱れ、など)

原因が一つだけの方もいれば、いくつも絡み合っている方いるのです。

そのため、滑舌を良くするためには、こういった原因をしっかり知り、その原因を改善するためのトレーニングをすることが重要になります。

 

滑舌を良くするために必要なこと

滑舌は決まりきったメニューではよくなりません

大きな声で、大きな口で、ハッキリ、早口言葉を……

こういったトレーニングが当然のように行われていますが、繰り返しになりますがこれはとっても危険なことなのです。

なぜなら、滑舌がうまくいかない原因は個人個人全く異なります。

【Aさんの場合】

【原因】

表情・口をあまり動かない(表情筋・口輪筋が弱い)

ブレスの圧力不足で子音が弱い

舌の力が弱く、動かし方が上手くいっていない

【Bさんの場合】

【原因】

表情・口を動かしすぎ(表情筋・口輪筋を硬く使う)

首回り、肩回りにも力みがあり、ブレスが上手く流れない

舌の使い方が誤っている

 

おわかりいただけますでしょうか?

このように、同じ「さ行が苦手」という内容でも、原因が真逆ですから、直すためのトレーニングメニューも当然別のものになります。

しかし、この2人が先ほどご紹介した口の形をしっかり作って、大きく開けて…というようなトレーニングを同じように行うと…

【Aさんの場合】

口を大きく開けるので表情筋・口輪筋の原因は少し解消

大きな声を出そうとするのでもしかするとブレス量はUP?

舌の力については改善なし

良くなったようなそうでないような……

【Bさんの場合】

表情筋・口輪筋をさらに硬く…

首回り・肩回りの筋肉をさらに硬く…

舌の使い方が誤ったまま定着…(クセになる

もともとの原因をさらに強くするため悪化してしまう……

 

Aさんはもともとが口をあまり開かず、表情筋や口輪筋をあまり使わないタイプでしたので、「口を大きく!」「言葉をはっきり!」というレッスンで若干良くなったような部分はあります(但し、細かいブレスの使い方や圧力のかけ方などがこのトレーニングに含まれていませんので、完全に改善とはいきません)。

このAさんとは違い、Bさんはもともと表情筋を使い過ぎ、口を開けすぎてしまうことが滑舌の悪さが原因です。

こうなると、そもそもの原因をさらに強くしてしまうわけですから、よくならないどころか、最悪悪化してしまいます……。

真剣にトレーニングをすればするほど悪化するなんて、そんなことはあってはならないと思いますが、こういった例は大変多くあるのが実情です。

こちらでは2パターンの原因のみご紹介しましたが、滑舌がうまくいかなくなる原因はほかに何パターンもあります。

よく、多くの方が集まって、並んで一斉に発声するような滑舌トレーニングを見たり聞いたりしますが、残念ながらあのトレーニングで、滑舌がよくなる方は本当に少ないかと思います。

 

滑舌が良くなるまでの流れ

現在言えない単語を調べ、その原因を知る

最初に、どういった言葉、単語が苦手なのかをしっかり調べます。現在、きれいな発音ができていないという事は必ず何か原因がありますので、その部分を一緒に探りましょう!

滑舌が悪くなる原因は本当に様々です。

顔の筋肉・動かし方

呼吸

気持ち(緊張など)

などなど、まだまだ書ききれないくらいあり、こういったものが複雑に絡み合って今の滑舌が出来上がっています。

そのため、滑舌が悪い原因は個人個人変わってきます。

現在あなたがなぜ滑舌が悪くなってしまうのか、どうしたら上手くいくのかを一緒に調べていきましょう!

単音で言えるようにする

原因がわかったら、今度は単音(1音だけ。「さ」だけ、など)で言えるようにします。

その苦手な音がどのようにしたらキレイに言えるようになるか知り、1音だけしっかり出してみましょう!

日本語全ての音に、キレイに言えるようになる発声の仕方があります。

今現在キレイに単語が言えない状態という事であれば、この部分のどこかに上手くいっていない原因があるのです。

そこをしっかりトレーナーが聞き取り、あなたがしっかりきれいに発音できるよう、サポートさせていただきます。

文章を読みながら滑舌を改善する

次のステップは、文章を良い滑舌で読むという事です。

言葉は、単独の音が連なって言葉になっています。

そのため、ステップ②で行った、きれいな単独の音を文章の中に組み込んでいく必要があります。

もしかすると、単独の音がキレイに言えても、文章に組み込むことが難しいと感じるかもしれません。

しかし、安心してください。

キレイに言えた単独の音を文章に組み込むにはコツがあるんです。

こういった、文章に組み込むコツも、しっかりお伝えしていきます。

日常会話の滑舌を改善する

最後のステップとして、日常何気なく話している会話の滑舌を改善します。

単音をしっかりいえるようにする、文章を読む、とはまた違った難しさがあるのはこの日常会話の滑舌です。

滑舌が悪いと感じられる方の中でも、「一音しっかり言おうとすれば言えるけど、普段の会話だと滑舌が悪くなってしまう…」という方は多くいらっしゃいます。

しかし、この日常会話の滑舌も、しっかりとしたメニューで行えば改善は可能なのです。

今まで滑舌が上手くいかなくて「え?何?」と聞き返されていた方、「もっとはっきり話してよ!」と言われてしまっていた方も、その滑舌はしっかり改善できるのです!

 

実際どんなトレーニングをやるの?

では、実際に行っているレッスンの一例をご紹介します

まずはどんな場面で言えない・どの言葉が苦手・どんな風に改善したいのかなど、じっくりカウンセリングをして行きます。

また、簡単な文章を読んでいただき、滑舌が悪くなってしまっている原因を特定してきます。

じっくり原因を探ります!

主に「さ行・た行・ら行」の子音が舌の力不足と呼気の圧力不足でうまく作れていなかったことが原因と分かったため、その原因を修正した単音を出す練習をしていきます(五十音を使います)

滑舌を改善した単音を出せるようになります!

単音がキレイに発声できるようになったら、今度は文章です!朗読文や原稿などを使って、「読む時の滑舌」を鍛えていきます。単音が言えても他の言葉とつながると急に言えなくなってしまうことがあるので、その部分をしっかり鍛えます

文章でもしっかり滑舌改善!

文章での滑舌もクリアできたら最後に日常会話での滑舌です。単音、文章とクリアできても、フリートークのように考えながら話すような時に、滑舌が戻ってしまうことがあります。この部分をフリートークの練習のような形をとりながら、滑舌を改善していきます

普段の会話の滑舌改善!

 

ご注意

上記流れはあくまでも一例です

滑舌のトレーニングはその原因によって変わってきます。

また、目指す滑舌改善のゴールも個人個人異なります

声のプロを目指す方であれば、細かい部分まで改善する必要がありますし、表現をしながら話す滑舌も改善する必要も出てきます。

聞き返されないレベル、印象がよくなるレベルなど、個人個人の目標によってメニューが変化します。

 

30分無料体験レッスン実施中!まずはお気軽にお声がけください

そんな滑舌改善のためのボイストレーニングを無料(※1)で体験していただけます!

繰り返しになりますが滑舌は個人個人原因、改善のためのトレーニングが違います!

今まで頑張っても改善できなかった方

普段の滑舌で悩んでいる方

滑舌にコンプレックスを持っている方

滑舌に関してのお悩みは何でもご相談ください!

 

※1 レッスン料は無料ですが、対面レッスンご希望の場合、別途場所代等が発生いたします(約500~1000円)

※レッスン時間は30分ですが、振り返りや課題等のお話をレッスン後に行いますので、約45~60分ほどお時間を見ていただくと確実です。

 

 

体験レッスンまでの流れ

STEP①/お申込み

ご予約受付フォームより、ご希望の日程とお時間、必要項目をご入力いただきお申し込みください

※レッスンは対面形式かSkype・LINEなどオンライン形式かお選びいただけます

※対面ご希望の場合、場所をご相談の上決めさせていただきます。場所についてはコチラをご確認ください

STEP②/詳細決定
24時間以内に担当より受付内容の詳細メールを返信いたします。
STEP③/当日

当日、お時間になりましたらオンラインレッスンの場合はトレーナーよりご連絡いたします

対面レッスンの場合は、お約束の時間にトレーナーがお待ちしています

STEP④/レッスン後

体験レッスン終了後は、リラックスしながらトレーナーとレッスンの振り返り、滑舌の課題等についてお話ください

また、ご不明点やご相談も遠慮なくお話ください

 

レッスン場所について

レッスンはオンラインレッスン、対面レッスンのどちらも承っています。

オンラインレッスンの場合、Skype・LINE・ZOOMなどを使って、オンライン通話で滑舌トレーニングを行います。

対面レッスンご希望の場合、固定のレッスンスタジオではトレーニングを現在行っていないため、ご相談の上場所を決定いたします(最寄りカラオケ店でのレッスンがご好評です)

お気軽にお問い合わせください TEL 04-2935-7036

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.