「初対面の人と話すとき、声が小さくなってろれつもなんだか回らなくなってしまうんです…」

こういったお悩みをお持ちになる方は多いです。

初対面の人が相手だと緊張をしてしまって、声が小さくなってしまうし、滑舌も悪くなってしまう。

 

本日は、こんな初対面で緊張をする場面でも声が普段通りだせて、ろれつも回るようになる方法をご紹介します。

「緊張」というメンタル的なものが原因になっていますが、ご紹介する方法を試していただけると、結果緊張もほぐれるかもしれませんよ!

 

緊張してしまう時に考えること

初対面の人と会うとき、また会っているとき、どんなことを考えているでしょうか?

・会話が続かなかったらどうしよう

・何を話したらいいんだろう

・どう思われるかな?

・上手く話せるかな?

など、こういったことを考えてしまうことが多いのではないでしょうか?

こういった、まだ起こっていない未来のことを考えると、人は緊張します。

このメンタル的な部分を鍛えるトレーニングはこちらの記事⇒瞑想で滑舌が良くなる?今話題のマインドフルネスは緊張に効果あり!でご紹介しています

 

失敗してしまう時

会話が上手く続かない、沈黙など、こういったことが続くとどんどん焦っていってしまいます。

こんな時、「何か話さなきゃ」「どうにかしなきゃ」と頑張れば頑張るほど、緊張が高まって、声も小さく、ろれつが回らなくなっていってしまいます。

そして嫌な汗をかき、もしかすると胃が痛くなったり、お腹がゆるくなってしまうかもしれません…

 

即できる、声が小さくならず、ろれつも回る方法

では、今日の本題です!

この方法はとっても簡単、どういったことかというと「自分で頑張らない事」です

……これだけだと訳が分からないですね^^;

緊張をしてしまったり、失敗をしてしまう場面の時、多くが「なんとかしなきゃ」「がんばらなきゃ」と自分で何とかしようと考えてしまいます。

しかし、頑張れば頑張るほど……。

そんな時、試してもらいたいのが、相手の会話にスピードやトーン、声の大きさを合わせるというテクニックです。

自分ひとりで頑張らなきゃ!と意気込んでも、会話には必ず相手がいます。

相手の反応によって会話は変わっていきますから、一人で意気込んでもなかなかうまくいきません^^;

 

そこで、相手の会話に合わせるという意識です。

相手が話すスピード、話すトーン、声の大きさと同じようにあなたも返して見てください。

キャッチボールをしているとき、同じスピードでボールを投げ返すイメージです。

 

これにしっかり意識できれば、あなたの声や滑舌はおそらくいつも通りになります。

もしかしたらいつもより良い声が出るかもしれません。

 

緊張をするときのほとんどは、自分にとって嫌な未来を想像しています。

そんな時、今やることだけに集中できると、緊張は和らいでいきます。

 

さらにこの方法、コミュニケーションを上手くするテクニックの一つでもあります。

相手との関係性も向上できるコミュニーションテクニックでもありますので、そういった部分でも力になると思います。

 

まとめ

本日は初対面でも声が小さくならず、滑舌も悪くならない方法をご紹介しました!

緊張をするときは自分で何とかしよう、こうなったら嫌だな、というようなことを考えていることが多いと思います。

そんな時は相手に会話をまかせちゃおう!くらいの感じで臨むと楽になれます。

そして、相手の話す言葉を聞いて、同じようなスピードやトーンで返してみてください!

あなたの声と滑舌、さらにコミュニケーション力もUPすると思います!

ぜひ、試してみてくださいね!

 

 

滑舌について何でもご相談ください

完全滑舌特化型ボイトレ無料体験!

全国どこからでもお受けいただけます!

>>>詳しくはこちら<<<

 

 

The following two tabs change content below.
早川 直記
滑舌を改善することに特化した『滑舌特化型ボイストレーニング』を行う 緊張・あがり症などによる声や滑舌のお悩みにも精通、ボイトレにメンタルトレーニングを組み込む新しいメニューを提案 声優など声のプロを目指す方・一般の方問わず、個人の目標に合ったレッスンを行っている