ご存じですか?「ボイストレーニング」って一言で言っても種類があるんです。

大きく分けると…

歌を歌うためのボイストレーニング

話し声を鍛えるためのボイストレーニング

です。

これからボイトレを受けようと考えている方であれば、この部分はしっかり理解されたほうが良いかと思います。

なぜなら、歌声のトレーニングと話し声のトレーニングは別物だからです!

ボイトレとひとくくりにしてしまうことが多いのですが、これは非常に重要なポイントですので、本日はその違いをご紹介します。

 

歌声と話し声の違い

響かせるポイントの違い

音程の違い

口・喉の使い方の違い

息の使い方

細かく分けるとまだまだたくさんあるのですが、大きなポイントはこういった違いです。

 

響かせるポイント(共鳴)

声を響かせる場所といものがあります。

このポイントによって、声の高さや音色などが変わってきます。

歌声の場合、このポイントを上のほうに持っていくことが多いです(ジャンルによっても異なりますが)

歌声のボイトレをやられたご経験がある方であればわかるかもしれませんが、

・頭の方に響かせて!

・眉間の方に響かせて!

・下あごは使わない!

というような表現で、身体の上の方に響かせるようなトレーニングを行うことが多きです。

 

話し声の場合は、こういったトレーニングは行いません(私はですが^^;)

なぜなら、共鳴のポイントをこんなに上にもっていってしまったら、日常会話が変になります。

時に頭まで響きを持っていってしまったら、会話が成り立ちません^^;(笑い声で頭の方が響いている方は時々お見掛けします)

会話としては、この歌声程上には持っていきません。

真っすぐ声を出しましょう、とか、柔らかい響きを出すという意味で、少し斜め上くらいを響かせるイメージで声を出していただくことはありますが、そのくらいです。

 

音程の違い

これはご説明するまでもないですよね^^;

歌は一曲歌うまで、1オクターブから1オクターブ半くらいの音域を使うことが多いかと思いますが、普段の会話で1オクターブから1オクターブ半なんて使いません。

声優を目指す方や色んな場所で様々な声色を使うという方であれば、総合すれば使うことがあるかもしれませんが、基本的には使わないでしょう

そのため、歌声では、高い声を出せるようになるトレーニングを行ったりすることがありますが、会話の声のボイトレでは特別な理由がない限り行いません。

 

口・喉の使い方の違い

この部分は非常に大きな違いです。

話し声も歌声も喉をリラックスするトレーニング、喉を開けるトレーニングは行います。

しかし開け方が違います

いわゆる喉を開けるといわれるのは、この咽頭共鳴腔と言われる場所なのですが、歌の場合はこの部分をしっかり開けるトレーニングを行います。

ただ、話し声は歌ほど開けません。

歌ほど開けてしまったら、歌っているような声になってしまいます。

ミュージカルのような声ですね。

日常会話がミュージカルのような声だとちょっと困りますよね^^;

 

そして口も歌の方が開けます

話し声の場合は、口はあまり開けません。

滑舌が悪くなってしまいますし、見た目もあまり良くありません。

滑舌のトレーニングで大きな口でしっかり開けて!というものがありますが、あれはやらないほうが良いと思います。その理由についてはこちらでご紹介しています⇒口を大きく開けると滑舌が悪くなる!間違いだらけの滑舌トレーニング

 

息の使い方

息の使い方も歌と話し声では違います。

歌声の場合は、歌のジャンルによって異なりますが、息を基本的に鼻の方、頭の方に流すように練習をすることが多いかと思います。

しかし、話し声の場合、鼻や頭を意識した息の流し方は、特別なことがない限りはしません。

この息の使い方によって、共鳴のポイントが変わったり、その結果音色が変わったりします。

話し声の場合、共鳴のポイントを上の方に持っていきすぎると、日常会話で使う音色としては少しおかしなことになってしまうので、息の使い方も違うのですね^^

 

トレーニングを行う際は注意が必要!

「ボイトレを受けてみたい!」と考えていらっしゃる方は、こういったことから注意が必要になります。

音楽畑でずっとやってこられた歌のボイストレーナーに話し声のトレーニングを受けることは危険と言えますし、その逆もそうです。

ご自身に合ったトレーニング、トレーナーを見つけることが必要になります!

以前お会いした方は、話し声で悩まれていたのですが、歌のトレーナーの元に2年ほど通われていて、歌声は良くなったけど話し声はまったく変わらなかったという風におっしゃっていました(歌も好きだからいいけどとポジティブにとられていましたが^^;)

 

ぜひ、トレーニングを受ける際は参考にしてみてくださいね^^

 

 

滑舌についてのお悩みはこちらで解決!

完全滑舌特化型ボイトレ無料体験!

全国どこからでもお受けいただけます!

>>>詳しくはこちら<<<

 

The following two tabs change content below.
早川 直記
滑舌を改善することに特化した『滑舌特化型ボイストレーニング』を行う 緊張・あがり症などによる声や滑舌のお悩みにも精通、ボイトレにメンタルトレーニングを組み込む新しいメニューを提案 声優など声のプロを目指す方・一般の方問わず、個人の目標に合ったレッスンを行っている