もし、あなたが肩こりや首こりで現在悩まされているとしたら、滑舌が悪くなってしまうかもしれません!

「滑舌と肩こりや首コリに関係なんてないでしょ?」

おそらくそう思われている方が多いかと思います。

しかし、実際肩こりや首こりと滑舌は関係あるんです!

本日はそんな肩こりや首こりと滑舌の関係をお伝えします!

 

肩こりや首こりが滑舌と関係がある理由

滑舌はさまざまな原因で悪くなってしまいます。

その中に、「過剰な力みが原因で悪くなる」ということもあるんです。

声は、肩や首の近くに声帯があるため、肩や首の力みによって非常に影響を受けます。

肩こりや首こりがひどくなると、肩や首に力が無意識のうちに入ってしまいます。

この力みが声に影響を与え、結果滑舌にも影響を与えてしまうのです!

そのため、最近なんか声の出が悪いんだよな~、とか、なんか口が上手く回らないな~というときに、肩や首をまわしてみると、ゴリゴリなったり、固くなったりしていて、肩こりや首こりに気が付くという事もあるのです。

 

コールセンターなどオフィスワークの方は特に注意!

コールセンターなど、パソコンを打ちながら会話をされる方は特に注意が必要です!

実際、コールセンターに勤務をされていて、滑舌が上手くいかないとご相談に来られる方も多くいらっしゃいますが、多くの方が肩こりや首こりでお悩みです。

勤務されている方はお分かりかと思いますが、会話をしながらキーボードを打つという作業は、すご~く肩や首に力が入り、コリにつながります。

電話対応がお仕事の場合、滑舌や声は非常に大切です。

滑舌や声のためにも、肩こり、首こりには注意が必要です。

 

オフィスでもできる対処法

では、こういった肩こりや首こりの対処法をご紹介します。

オフィスでお仕事中でもできるような内容をご紹介しますので、ぜひやってみてください

 

ストレッチ

 

①座りながら、手を横ななめ下に伸ばす

②そのまま、首を手とは反対側にたおして伸ばす

 

 

うまくできると、首のよこがすごく伸びるのが分かると思います。

この部分は発声をする際に固くなりやすい場所です。

しっかり伸ばしてみて下さい

 

 

①手を組んで前を伸ばします

②そのまま首を前に倒します

③そのまま、前と後ろに引っ張られるように力を入れます

こちらは結構有名なやつですよね^^

座りながらできるのですおすすめです!

肩や首が凝らない発声法を身につける

リラックスした発声方法を身につけることで、肩や首が凝りにくくすることができます。

肩こりや首こりの原因は様々あるかと思いますが、発声時に力を入れて発声をされている方は非常に凝りやすくなります。

その結果、声の響きがあまりよくなかったり、滑舌も上手くいかないなどの原因につながります。

発声方法を変えることで、肩こり、首こり、滑舌などの声のお悩みも改善されるかもしれませんね!

 

 

滑舌について何でもご相談ください

完全滑舌特化型ボイトレ無料体験!

全国どこからでもお受けいただけます!

>>>詳しくはこちら<<<

 

The following two tabs change content below.
早川 直記
滑舌を改善することに特化した『滑舌特化型ボイストレーニング』を行う 緊張・あがり症などによる声や滑舌のお悩みにも精通、ボイトレにメンタルトレーニングを組み込む新しいメニューを提案 声優など声のプロを目指す方・一般の方問わず、個人の目標に合ったレッスンを行っている