口呼吸はいけない!

こういったことが病院でもネット上でも良く書かれていますね^^

ただ、「口呼吸をすると滑舌が悪くなっちゃいますよ!」というのはなかなか聞いたことがないかもしれません。

本日ご紹介するのは、口呼吸と滑舌の関係です。

最初にもうお伝えをしてしまうと、普段口呼吸で生活をされている方は、滑舌が悪くなる可能性がかなり高くなります!

 

なぜ口呼吸で生活すると滑舌が悪くなるのか、そしてどうしたらいいのかを本日はご紹介します!

ぜひあなたが今口呼吸で生活をされているという方でしたら、ぜひ最後までお付き合いください^^

 

口呼吸だと滑舌が悪くなる理由

口呼吸をすることでなぜ滑舌が悪くなるのか?

これは色んな理由があるのですが、最も大きい理由は筋力の低下です。

では、どこの筋力が低下するかというと…

「表情筋」「舌」です。

 

表情筋の筋力低下

表情筋というのは顔の筋肉の総称ですが、この口呼吸によって最も影響を受けてしまう一つに「口輪筋」があります。

この口輪筋というのは口の周りの筋肉で、口を閉じたり、すぼめたりする時に使う筋肉です

口呼吸をしているときは、口が開いています。

そしてずっと口呼吸をしているという事は、ずっと口がポカンと空いていることになります。

口がポカンと空いているので、口を閉じるときに使う口輪筋は当然脱力をしています。

滑舌を良くする上で、この口輪筋は非常に大事です。

しかし、ポカンと口を開けていることで、どんどん弱くなってしまうのです。

 

舌の筋力低下

舌も言葉を良い滑舌にするためには必須です。

しかし、この舌の筋力も口をポカンと開けてしまうと筋力が弱くなってしまうのです。

舌は普段、筋力が正常であれば、上のアゴにペタっとついています。

しかし、口呼吸をしてしまうと、この上につけておくことができません。

 

ぜひ試しに口呼吸をしながら舌を上の歯の裏あたりに付けてみてください。

呼吸がしにくくてしょうがないですよね^^;

このように、口呼吸をしてしまうと、舌を上につけることができなくなってしまうのです。

 

そして、舌を下の歯の方におろしていると、舌の筋肉はどんどん落ちていきます。

そうなると、舌をよく使う「さ行」「た行」「な行」「ら行」などが苦手になってしまうのです。

 

口呼吸をしなくなる方法は

口呼吸をしなくなるためには、鼻呼吸をクセづける必要があります。

ずっと口呼吸を今までやっていたようであれば、鼻呼吸に切り替えても、無意識のうちに口呼吸に戻っているという事があります。

そのため、鼻呼吸に完全になるためには、呼吸をするときは鼻!というクセを付けないといけないのです。

 

花粉症・鼻炎・鼻中隔湾曲症などの問題

口呼吸の原因が、そもそも鼻がずっと詰まっているので、鼻呼吸ができない、という方もいらっしゃいます。

この場合、無理に鼻呼吸をしようとしてもなかなか難しいです。

しかし、口呼吸のままでは、滑舌だけでなく、様々な健康上のデメリットもあると言われています。

まずは、信頼できる耳鼻科の先生にご相談ください

 

口呼吸がクセになっている人は…

子供のころずっと鼻が詰まっていた。

大人になったら鼻づまりはなくなったけど、クセでそのまま口呼吸になっている……

こういった方は多くいらっしゃいます。

 

実際のレッスンの際、口呼吸をされている方に、

「鼻は詰まっているんですか?」

と伺うと、結構多くの方が、

「いや、詰まっていないですよ?」

と言われます。そして、

「子供の頃は鼻づまりありました?」

と聞くと…

「ああ、子供の頃はアレルギーでひどかったんですよ」

というようなお答を頂くことが多いです。

 

つまり、今現在鼻づまりはないのに、昔口呼吸だったクセがそのまま残っていて、いまだに口呼吸にしてしまっているという方がとっても多いのです。

あなたはどうでしょうか?

もし口呼吸でしたら、今鼻呼吸に切り替えることはむずかしそうでしょうか?

 

もし鼻は別に詰まっていないというのであれば、普段のその口呼吸はクセである可能性が高いです。

クセであれば直すことができますね!

 

改善策は舌を上アゴに張り付けておくこと!

改善策として一番簡単なのは、舌を上あごに常に無言の時は張り付けておくことです!

先ほどお伝えした通り、舌が上あごについているとそもそも口呼吸がしにくいです。

そして、上にペタっと付けておければ、口も自然に閉まってきます。

良いこと尽くしですね!

 

舌を上アゴに張り付けておく方法としておすすめなのが、「舌を吸いつける」という事です。

口を閉じたまま、舌を上につけストローで飲み物を飲むようなイメージで吸ってみてください!

そうすると、舌が上あごにペタっと吸い付いてくっつくと思います。

これでOK!

こうしておけば、頑張らなくても舌が上あごにくっつきますよね^^

これで無言でいるときは生活をしてみてください!

毎日できていれば、知らないうちにこの舌を上につけることがクセになってくれるはずです!

ぜひ、やってみてくださいね^^

 

本日は、口呼吸と滑舌の関係、そして口呼吸をやめる方法をご紹介しました

口呼吸は滑舌だけでなく、様々な健康上のデメリットも持っています

ぜひ、健康のためにも、鼻呼吸にしましょうね!

 

 

滑舌について何でもご相談ください

完全滑舌特化型ボイトレ無料体験!

全国どこからでもお受けいただけます!

>>>詳しくはこちら<<<

 

The following two tabs change content below.
早川 直記
滑舌を改善することに特化した『滑舌特化型ボイストレーニング』を行う 緊張・あがり症などによる声や滑舌のお悩みにも精通、ボイトレにメンタルトレーニングを組み込む新しいメニューを提案 声優など声のプロを目指す方・一般の方問わず、個人の目標に合ったレッスンを行っている