最近、日常的に口呼吸で生活をしているという方が多くいらっしゃるようです。

様々なところで言われていますが、口呼吸は本当デメリットばかりです!

そのデメリットの中には、大人になってからでは完全な修正が難しいものもあります。

その中の一つが「アデノイド顔貌」と言われるものです。

このアデノイド顔貌は滑舌に与える影響はものすごく大きいのです!

 

アデノイド顔貌って?

アデノイド顔貌というのは、

・アゴがないと言われる

・横から見るとアゴと首が繋がっているように見える

・顔が長く見える

・鼻、鼻の穴が小さい

といった特徴のある表情の事を言います。

最近はかなり増えてきていると言われています。

芸能人にも多くいらっしゃいます(アンガールズの山根さん、ゲスの極み乙女の川谷さんなど)

 

アデノイド顔貌になる原因は?

アデノイド顔貌は主に子供時代の口呼吸が原因と言われています

アデノイドとは鼻の奥のところにあるリンパ組織の事なのですが、このアデノイドが肥大することによって鼻呼吸ができず、口呼吸になってしまいます。

この鼻の奥にアデノイドがありこのアデノイドが肥大することで、鼻呼吸が難しくなります

アデノイドは3歳~6歳くらいまでに大きくなり、その後どんどん小さくなると言われています。大人になるころにはほとんどなくなります。

しかし、子供の頃からの口呼吸がクセになりずっと口呼吸をしていると…

・口呼吸による表情筋の低下

・口呼吸により下あごが発達せず、小さくなる

・アゴが小さいため、歯並びが悪くなりやすい

・口呼吸により舌の筋力低下

などの原因から、最初にご紹介をしたような顔つきになってしまいます。

 

アデノイド顔貌と滑舌の関係

アデノイド顔貌は滑舌にかなり影響があります。

主に影響を与えるのは、

・表情筋が弱いこと

・舌の筋力が弱いこと

・歯ならび悪ければ歯並び

です。

アデノイド顔貌の方の多くは口呼吸がクセになっています。

口呼吸がメインになると、口が普段からポカンと少し開いていることになります。

そうなると、滑舌に非常に大事な表情筋、特に口回りの筋肉(口輪筋)がどんどん低下していきます。

また、口呼吸の場合、舌も上につけておくことができません。

そうなると、舌の筋力も落ちてしまい、滑舌に影響を与えてしまうのです。

 

滑舌を直す際のトレーニングとしては、表情筋、舌筋をしっかり鍛えるところから始めます。

そして、日常から鼻呼吸を心がけていただくようにします。

表情筋と舌の筋力を日常から鍛えていけば、現在鼻づまり等、物理的に鼻呼吸ができない条件でなければどんどん滑舌は改善します!

 

子供の口呼吸に注意!

アデノイド顔貌の原因の多くは子供時代の口呼吸と言われています。

鼻が詰まって口呼吸しかできないような状況であれば、一度信頼できるお医者さんに診てもらうのもいいかもしれません。

クセとして口呼吸になっているようであれば、早急に直してあげることが必要です。

口呼吸はデメリットがたくさんです!

 

口呼吸をしているかどうかわからない!という方は、会話をしていない時のお子さまの口を見てみて下さい。

もしポカンと少し開いているようであれば、口呼吸になっている可能性が高いです。

また、寝ているときにイビキをかいていたり、食事中に口を開けて音をたてながら食べていたりする場合も注意が必要です。

 

大人になってからアデノイド顔貌を直すことは非常に大変です。

また、滑舌の矯正も時間がかかってしまいます。

できるだけ子供時代の口呼吸を改善して、アデノイド顔貌にならないように注意をしてあげてください。

最近は特に口呼吸の子供が増えてきていると言われています。

繰り返しになりますが、口呼吸にはデメリットが非常に多いです。メリットを探すのが難しいほどです。

ぜひ、大人になったときに困らないよう、口呼吸には注意してあげてください!

 

 

滑舌について何でもご相談ください

完全滑舌特化型ボイトレ無料体験!

全国どこからでもお受けいただけます!

>>>詳しくはこちら<<<

 

 

 

The following two tabs change content below.
早川 直記
滑舌を改善することに特化した『滑舌特化型ボイストレーニング』を行う 緊張・あがり症などによる声や滑舌のお悩みにも精通、ボイトレにメンタルトレーニングを組み込む新しいメニューを提案 声優など声のプロを目指す方・一般の方問わず、個人の目標に合ったレッスンを行っている